時間ロマンスもの


ジェニーの肖像

1940年

ロバート・ネイサン(著)

1938年、冬のニューヨーク。貧しい青年画家イーベンは、夕暮れの公園で、一人の少女に出会った。数日後に再会したとき、彼女ジェニーはなぜか、数年を経たかのように成長していた。そして、イーベンとジェニーの時を超えた恋が始まる……詩人ネイサンの傑作ファンタジイ。妻を亡くした童話作家とその子供たちの、海の精霊のような女性との交流を描く『それゆえに愛は戻る』を併録。

書籍版:ジェニーの肖像 (創元推理文庫)


トムは真夜中の庭で

1958年

フィリパ・ピアス(著)

知り合いの家にあずけられて、友だちもなく退屈しきっていたトムは、真夜中に古時計が13も時を打つのをきき、昼間はなかったはずの庭園に誘い出されて、ヴィクトリア時代のふしぎな少女ハティと友だちになります。「時間」という抽象的な問題と取り組みながら、理屈っぽさを全く感じさせない、カーネギー賞受賞の傑作です。

書籍版:トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 (041))


ある日どこかで

1975年

リチャード・マティソン(著)

脳腫瘍であと半年足らずの命と診断された脚本家リチャードは、旅の途中、サンディエゴのホテル・デル・コロナードでひとりの女性を目にする。女優エリーズ・マッケナ。1896年の色あせたポートレイトからほほえみかける彼女に会おうと、彼は時間旅行を試みるが…時を隔てた恋の行方は?映画化され熱狂的な人気を博する傑作ファンタジイ。世界幻想文学大賞受賞作。

書籍版:ある日どこかで (創元推理文庫)


満月

1984年

原田 康子(著)

仲秋の満月の夜、愛犬セタを連れて散歩に出た若い高校教師まりは、豊平川の河原で奇妙な男と出逢う。まるで時代劇から抜け出してきたような格好の男は、津軽藩士・お手廻り組、杉坂小弥太重則と名乗った。

アイヌの老婆フチの魔術によって時を越えて北国の街に現われた三百年前の侍と、現代的な女教師との不思議な恋愛を描く、ちょっぴり切ない長編ロマンティック・ファンタジー。

書籍版:満月 (新潮文庫)


時のかなたの恋人

1990年

ジュード・デヴロー(著)

恋人に捨てられて教会で泣いていたダグレスの前に、16世紀イングランドの伯爵を名乗る奇妙な男が突然現れた。無実の罪で捕われた部屋に女の泣き声が聞こえ、気づくとここにいたのだという。このままでは処刑されてしまう彼の運命を変えるため、ダグレスのタフな愛の冒険が始まった。400年の時を越えて永遠の絆を求めあうふたりの、せつなく優しいタイムスリップ・ラブ・ロマンス。

書籍版:時のかなたの恋人 (新潮文庫)


夢のなかの騎士

1997年

リンダ・ハワード(著)

古文書の専門家グレースの夫と兄が殺された。犯人は、目下彼女が翻訳中の14世紀の古文書を狙う考古学財団の理事長。いったい古文書にどんな秘密が? 耐えがたい悲しみと怒りを胸に理事長たちの追跡を逃れつつ、彼女はやがて知る―彼らに復讐するためには、古文書に登場する勇猛な黒髪の戦士ナイルと会わなければならないことを! 現代と中世を結ぶ流麗なロマンティック・サスペンス。

書籍版:夢のなかの騎士 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)


ハイランドの霧に抱かれて

1999年

カレン・マリー モニング(著)

若い神の彫刻さながらの完璧な顔立ちと、ヴァイキングの戦士のような肉体を誇る伯爵ホーク。16世紀のスコットランドに住む女性は皆、彼に心を奪われていた。しかも人間だけではなく、妖精の女王までもが彼の魅力のとりこになってしまった。それを知った妖精の王は逆上して、お抱えの道化に命じる―絶対にホークに恋をしない未来の美女をホークのもとに送り込み、彼を苦しませてやれと。道化が白羽の矢を立てたのは、類まれな美男にだまされて辛酸をなめた20世紀の女王エイドリアン。否応なく16世紀にタイムスリップさせられた彼女の運命は果たして……? 「ロマンティック・タイムズ」批評家賞に輝く熱い興奮に満ちたヒストリカル・ロマンス。

書籍版:ハイランドの霧に抱かれて (ヴィレッジブックス)


ライオンハート

2000年

恩田 陸(著)

いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ……。

17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って――。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。

書籍版:ライオンハート (新潮文庫)


ハイランドで月の女神と

2001年

カレン・マリー モニング(著)

1518年。ハイランド地方の領主ドゥルスタンは魔法を操れるドルイドだったが、ロマ族に呪いをかけられ、ネス湖近くの洞窟で永遠に続く眠りにつかされた。彼を目覚めさせるには、日光と人間の血が必要だった。それからおよそ500年後、旅行でスコットランドを訪れたアメリカの女性グウェンは、散歩中にうっかり岩の割れ目に落ちたことがきっかけで、ドゥルスタンを目覚めさせてしまった…。時を超えてめぐりあったふたりを待ち受ける波瀾に満ちた運命とは果たして?名手モニングが流麗なタッチで描き上げたファンタスティック・ロマンス。

書籍版:ハイランドで月の女神と (ヴィレッジブックス)


ハイランドの白い橋から

2002年

カレン・マリー モニング(著)

16世紀のハイランドの勇者ダゲウスは兄ドゥルスタンの命を救うため、妖精とのあいだでかわされた契約を破って、時空を超えた。そのため、彼の心は時空の狭間でうごめく邪悪な魂に蝕まれはじめた。いま、彼は21世紀のニューヨークで古い文献をあさり、わが身に降りかかった悲運から逃れるすべを探していた。そんな折りに偶然出会ったのが美術館で働く美しい女性クロエ。ひと目で彼女に心を奪われたダゲウスはやがて邪悪な魂を排除するため、彼女を連れてハイランドへ、そしてさらには16世紀へと飛ぶが……。傑作タイムトラベル・ロマンス。

書籍版:ハイランドの白い橋から (ヴィレッジブックス)


きみがぼくを見つけた日

2004年

オードリー・ニッフェネガー(著)

愛する人は未来からやってきた。やがてくる別れの日を知っていた。「いっしょにコーヒーでも、それともディナーか何かをどうかしら…」もちろん、彼はイエスというにちがいない。過去と未来にあたしを愛したこのヘンリーは、時代のこだまの中で、今こそあたしを愛するにちがいないのだから。愛する者の過去を救い、未来を抱きしめる男の、哀しいほどに優しい物語。

書籍版:きみがぼくを見つけた日 上巻 | きみがぼくを見つけた日 下巻 (ランダムハウス講談社文庫)


ハイランドの鏡のなかに

2006年

カレン・マリー・モニング(著)

9世紀のハイランドの戦士キアン・マッケルターは、仇敵の魔術師トレヴェインの罠にはまり、悪妖精の聖遺物である鏡のなかに幽閉されてしまった。彼ら二人は聖遺物のおかげで永遠の命を授かり、21世紀まで生き延びる。だが、そんな折り、偶然が重なって、鏡はトレヴェインの手を離れ、アメリカの女子学生ジェシーのもとに送られてしまった。復讐の炎を燃やしつつ千余年を過ごしてきた魅力的な男性キアンの存在を知ったジェシーは、何とか彼を救おうとするが、鏡の奪還をもくろむトレヴェインが彼女に迫る……。波瀾万丈の傑作ロマンス・ノベル。

書籍版:ハイランドの鏡のなかに (ヴィレッジブックス)


かたみ歌

2005年

朱川 湊人(著)

忘れてしまってはいませんか? あの日、あの場所、あの人の、ちょっと不思議で、しかしかけがえのない思い出を。郷愁と共に蘇る、七つの奇蹟の物語。

不思議なことが起きる、東京の下町アカシア商店街。殺人事件が起きたラーメン屋の様子を窺っていた若い男の正体が、古本屋の店主と話すうちに次第に明らかになる「紫陽花のころ」。古本に挟んだ栞にメッセージを託した邦子の恋が、時空を超えた結末を迎える「栞の恋」など、昭和という時代が残した“かたみ”の歌が、慎ましやかな人生を優しく包む。7つの奇蹟を描いた連作短編集。

書籍版:かたみ歌 (新潮文庫)


この胸いっぱいの愛を

2005年

梶尾 真治(著)

もし、もう一度、あの時間に戻れるとしたら。そして、やり直すことができるとしたら……。大好きだった年上のある女性、産んだ直後に死んでしまった母、交通事故で亡くなった息子…1986年、門司。「あること」をきっかけに、過去に戻ってしまった登場人物たちそれぞれの群像劇。映画『黄泉がえり』原作者・梶尾真治氏が、新たな試みとして取り組んだ、映画『この胸いっぱいの愛を』の原作者自らの手による異色のノベライズ作品。

キンドル版:この胸いっぱいの愛を


つばき、時跳び

2006年

梶尾 真治(著)

幽霊伝説の残る古い椿屋敷に住む私は、ある日、突然出現した不思議な美少女に魅せられる。150年の時の壁を超える恋の行方は? タイムトラベル・ロマンスの傑作。

椿が咲き乱れる「百椿庵」と呼ばれる古屋敷には、若い女性の幽霊が出るとの伝説があった。そこで独り暮らすことになった主人公の作家は、ある日、突然、出現した着物姿の美少女に魅せられる。「つばき」と名のる娘は、なんと江戸時代の人らしい…。150年という時間を超えて、思いを寄せ合う二人。何故、出会ったのか?この時空を駆ける恋は叶うのか?タイムトラベル・ロマンスの名手による究極のラブストーリー。

キンドル版:つばき、時跳び (平凡社ライブラリー 703)


愛の記憶

2006年

カレン・マリー・モニング(著)

10世紀のスコットランド。高地人のエーダンは一族を守るため、闇の王に500年間仕えていた。ようやくその期間を終えたものの、故郷の城で月の一周期を過ごす間に、一人の女性と相思相愛にならなければ再び囚われの身となってしまう…。現代のアメリカ。ジェーンは幼い頃から夢に現れる黒髪の男性に焦がれ続けている。ある日、彼女に届いた送り主不明のタペストリーに、その男性の姿があった。眺めるうちに深い眠りに落ち、目覚めた彼女がいたのはスカイ島。そして夢の中の彼が……。

書籍版:愛の記憶(ライムブックスLuxury Romance LRモ1-1))


時の娘 ロマンティック時間SF傑作選

2009年

フィリパ・ピアス(著)

時間という絶対的な壁。これに挑もうとタイム・トラベルSFが書かれ始めて一世紀以上が過ぎた。このジャンルはことのほかロマンスと相性がよい。本邦初訳3編を含む名作9編。

時という、越えることのできない絶対的な壁。これに挑むことを夢見てタイム・トラヴェルというアイデアが現れて一世紀以上が過ぎた。時間SFはことのほかロマンスと相性がよく傑作秀作が数多く生まれている。本集にはこのジャンルの定番作家といえるフィニイ、ヤングらの心温まる恋の物語から作品の仕掛けに技巧を凝らした傑作まで名手たちの9編を収録。本邦初訳作3編を含む。

書籍版:時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)


昨日は彼女も恋してた

2011年

入間 人間(著)

小さな離島に住む僕。車いすに乗る少女・マチ。僕とマチは不仲だ。いつからかそうなってしまった。そんな二人が、なぜか時空を超えた。はじめは二人はどこにいるのかわからなかった。島の景観なんて、十年やそこらじゃ変化しないから。「過去」に来たと分かったのは、向こうから自分の足で走ってくる、「小さいマチ」を見たからだ。僕は驚き、そして思いつく。やり直すことができると。ずっと後悔していたことを、この、過去という「現在」で。『明日も彼女は恋をする』との上下巻構成。

キンドル版:昨日は彼女も恋してた (メディアワークス文庫)


明日も彼女は恋をする

2011年

入間 人間(著)

『過去の改変』から戻ったわたしに待っていたのは、彼の消失だった。そして、もうひとつ。わたしの歩けなかった足が、元通りになっていた。わたしが歩き回る姿に、島の住人は誰も驚いていない。慣れきっている。そして、この世界の『現在』では、彼は九年前に死んでいた。その蔓延する常識が、わたしを苛み、蝕んでいく。わたしが歩ける毎日。それは彼が死んだ現代。決めた。わたしは必ず取り返す。わたしと彼がいた世界を。必ず。『昨日は彼女も恋してた』と上下巻構成。

キンドル版:明日も彼女は恋をする (メディアワークス文庫)