コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ

■シリーズ6の概要

2010年3月18日、記者会見がおこなわれ、2011年に放送される新シリーズで、マット・スミスが引き続きドクター役を務めることが確認されました。シリーズ6の撮影は2010年9月6日に始まりました。

8月28日、エジンバラ国際テレビ祭で、製作責任者のスティーヴン・モファットは、シリーズ6が2部に分けられることを発表しました。最初の7エピソードは春に放送され、危機一髪の場面で終わります。春季の最後のエピソードはゲーム・チェンジャー(形成を一変させる・考え方を根本から変えさせる)になるとのことです。残りの6エピソードは秋に放送されます。また、2011年のクリスマス特番も製作されることが発表されました。


Xマス特番:クリスマス・キャロル (2010年12月25日)

脚本:スティーヴン・モファット
監督:トビー・ヘインズ

エイミーとローリーが新婚旅行を楽しんでいた時、二人が乗っていた宇宙船は霧の大渦巻に巻き込まれ、眼下の惑星に向かって急降下していった。その星に住む守銭奴のカズラン・サーディックは、霧をコントロールする機械を持っていたので、宇宙船の衝突を防いだのだが、人々を救い出すことは頑なに拒否した。ドクターは、エイミーとローリーのみならず、宇宙船に乗っている4000人を救い出すため、過去にタイムトラベルする。ドクターは、カズランがなぜ冷酷な性格になってしまったかを探り出そうとしていた……。


スペース/タイム (2011年3月18日)

脚本:スティーヴン・モファット
監督:リチャード・シニア

ターディスを修理するために、ローリーがドクターに手を貸していた時、エイミーがローリーの気を散らしたので、ターディスがターディスの中に現れるという奇妙な事態になってしまった。時間と空間がねじれ、三人はターディスの中に永遠に閉じ込められてしまう可能性が出てきた!


1.ありえない宇宙飛行士/2.月の日 (2011年4月23日、4月30日)

脚本:スティーヴン・モファット
監督:トビー・ヘインズ

ドクターは、エイミー、ローリー、リヴァー・ソングの三人をアメリカ・ユタ州の砂漠に呼び出す。そこでドクターは、湖の中から現れた宇宙飛行士によって殺されてしまう。殺されたのは未来のドクターだった。三人のコンパニオンはドクターが残したメッセージに従い、殺される前の若いドクターとともに、1969年にタイムトラベルする。そこで4人はリチャード・ニクソン大統領と、元FBIエージェントのカントン・エヴェレット・デラウェア三世に会う。このころ、ニクソン大統領は、正体不明の幼い女の子から頻繁にかかってくる電話に悩まされていた。その電話はエイリアンの侵攻を警告するものだった。だが、エイリアンはすでに地球に侵攻していた……。


3.ブラック・スポットの呪い (2011年5月7日放送)

脚本:スティーヴ・トンプソン
監督:ジェレミー・ウェッブ

ドクター、エイミーとローリーは17世紀の海賊船に到着する。船はなぎに捕らわれ、立ち往生していた。そればかりか、海賊たちは、魔力を持った美しい生き物・サイレンに魅入られていた。誰かが傷を負い、ブラック・スポット(黒いしみ)が肌に現れると、サイレンがこの世のものとも思えない物悲しいメロディーを歌いながら現れ、犠牲者を連れ去っていくのだった。そんな中で、ローリーが怪我をして、彼の肌に黒いしみが現れる。今やドクターは海賊船のキャプテンと協力して、サイレンの正体を暴かなければならない。


4.ドクターの妻 (2011年5月14日放送)

脚本:ニール・ゲイマン
監督:リチャード・クラーク

ドクターはタイムロードの旧友から救難連絡を受け取る。その連絡は、宇宙の外側にある、いわば「ポケット宇宙」にドクターを呼び出すものだった。タイムロードの生存者がいるかもしれないという一縷(いちる)の望みにしがみついたドクターは、ターディスを操作し、時空間の亀裂を通り抜けて、意識を持つ小惑星・ハウスに到着する。だがそれはドクターをはめる罠だった。ハウスは、ターディスのパワーを栄養源にして生存する生命体だったのだ。ハウスは、エイミーとローリーもろとも、ターディスを飲み込もうとしていた。そんな中で、ドクターはイドリスという名の女性を味方につける。ドクターとその女性との間には予期せぬ深いつながりがあった……。


5.反抗する肉体/6.ほとんど人間 (2011年5月21日、28日放送)

脚本:マシュー・グラーム
監督:ジュリアン・シンプソン

ターディスはソーラー嵐のあおりを受け、22世紀の地球にある小島に到着する。そこでは某企業が酸をくみ出す作業をおこなっていたが、その酸はあまりにも腐食性が強いので、プラスチックで人工人間を作り出し、それに作業をやらせていた。それらの人工人間は従業員にそっくりの姿かたちをしていた。従業員は安全な場所でドッペルゲンガー(自分の分身)をリモートコントロールで操り、危険な作業にあたらせていたのだ。これらの「ゲンガー」は人間の記憶を余すところなく持っていたが、「主人」とのコネクションが断たれるが早いか、意識をなくしてしまうのだった。ところがソーラー嵐の影響を受け、ゲンガーは安定化してしまう。今やドクターは人間とゲンガーとの間で戦いが勃発することを防がなければならない。


7.善人戦争に行く (2011年6月4日放送)

脚本:スティーヴン・モファット
監督:ピーター・ホア

妊娠したばかりのエイミーは冷酷非情なマダム・コヴァリアンと「頭のない修道士」たちに誘拐され、宇宙ステーションに連れていかれる。エイミーはそこで女の子の赤ちゃんを出産、メロディーと名づけた。マダム・コヴァリアンはメロディーを誘拐し、ドクターを倒すための武器にしようとしていた。ドクターとローリーはエイミーとメロディーを救い出すべく、仲間たちに助けを求める。ところが、リヴァー・ソングだけはドクターの頼みに応じなかった。リヴァーは、この日ドクターが最高の勝利をおさめるとともに、最低の敗北を喫する運命にあることを知っていた。そしてこの日はドクターがリヴァー・ソングの正体を知る日でもあった……。


8.ヒットラーを殺そう (2011年8月27日放送)

脚本:スティーヴン・モファット
監督:リチャード・シニア

メロディーを探して旅だったドクターが、エイミーとローリーに途中経過を説明するために、レドワース(エイミーとローリーが住むイギリスの村)に戻ってきた。ところが、そこに不良じみたエイミーの幼なじみ・メルがやってきて、ドクターに銃を突きつけ、ターディスをハイジャックしてしまう。こうして4人は1938年のベルリンに到着、そこでヒットラーに会う。だが、ヒットラーを上回る犯罪人がそこにはいた。その犯罪人はドクターの命を狙っていた……。


9.夜の恐怖 (2011年9月3日放送)

脚本:マーク・ゲイティス
監督:リチャード・クラーク

地球の少年からドクターに「僕を怪物から救って」という願いが届けられる。そこでドクターはエイミーとローリーとともにイギリスの公営住宅へ。その少年はジョージという名前だった。ジョージの父親・アレックスの話によると、ジョージはありとあらゆるものを恐れており、特に彼の寝室に置いてあるタンスを怖がっているという。ドクターの調査の結果、本当にタンスの中に何かが潜んでいることが明らかになった。この謎に満ちたフォースはエイミーとローリーをミニチュア化し、人形の家の中に閉じ込めてしまう。そこでは悪意のあるおもちゃたちがエイミーとローリーを人形に変えようとしていた……。


10.待った女 (2011年9月10日放送)

脚本:トム・マクレイ
監督:ニック・ハラン

ターディスはとある惑星に到着する。その星では疫病が蔓延していた。それはドクターのように心臓を二つ持つ者にとって命取りになる病気だった。そこでドクターは自分自身をターディスの中に隔離せざるを得なくなる。そうこうしている間に、エイミーとローリーは二つの時間の流れの中で離れ離れになってしまう。ローリーが紛れ込んだ世界では時間がゆっくりと経過していた。ドクターが二つの時間を合流させたとき、ローリーは二人のエイミーに遭遇することになった。一人のエイミーは元のままだったが、もう一人のほうは36年後の彼女だった……。


11.神コンプレックス (2011年9月10日放送)

脚本:トビー・ウィットハウス
監督:ニック・ハラン

ターディスは、ドクター・エイミー・ローリーを80年代の地球のホテルに連れてくる。だが、それは普通のホテルではなかった。謎の生き物がホテルの中を歩き回っていたのだ。しかもこのホテルでは、部屋や廊下が移動するのみならず、扉や窓を開けるとそこには壁が立ちふさがっていた。3人は生存者(少数の人間と、モグラのような顔を持つ一人のエイリアン)に出会う。生存者の話によると、このホテルには各人の「最大の恐怖」の入った部屋があるという。いったんその部屋を見つけたら、その人は謎の生き物を崇拝するようになり、生き物に殺されてしまうというのだ。やがて一人また一人と犠牲者が増えていく。そんな中で、エイミーもまた彼女の「恐怖の部屋」を見つけてしまった……。


12.閉店時間 (2011年9月17日放送)

脚本:ガレス・ロバーツ
監督:スティーヴ・ヒューズ

ドクターはエイミーとローリーを安全な場所に送り届けてから、友人・クレイグ・オーウェンズの家を訪ねる。クレイグは今やアルフィーという名の赤ん坊の父親になっていた。彼は子育てに専念するあまり、自分の周りで不審なできごとが起こっていることに気づいていなかった。彼の近所では人々が行方不明になり、不可解な電圧の急増が起こっていた。そして、近くのデパートでは謎に満ちた銀色のネズミが動き回っていた。ドクターの調査の結果、デパートの地下にサイバーマンが潜んでいることが判明する。サイバーマンは地球を侵略しようとしているのか? それとも別の目的があるのか?


13.リヴァー・ソングの結婚 (2011年9月24日放送)

脚本:ガレス・ロバーツ
監督:スティーヴ・ヒューズ

ドクターは2011年4月22日の午後5時2分にアメリカ・ユタ州のシレンシオ湖で死ぬ運命にあった。その瞬間は時間の固定点だった。しかし、リヴァー・ソングがその運命に逆らったため、時の流れが壊れ、歴史がいっぺんに起こるようになってしまった。元の状態を覚えているのは、ドクター、エイミー、リヴァーを含む限られた人たちだけだった。サイレンスが最後の罠を仕掛ける中で、ドクターは時間がこれ以上崩壊することを防ぐために、自分がシレンシオ湖で死ななければならないことを悟る……。

Doctor Who: The Complete Sixth Series [DVD] [Import]


ドクターフーホームページ | シリーズ1 | 2 | 3 | 4 | 2009年特番 | 5 | 6 | 7前篇 | 7後篇



シリーズ5
シリーズ6
シリーズ7前篇
シリーズ7後篇