グレープフルーツ

ある日、私は日の出と同時に目覚めました。

無性にグレープフルーツを食べたくなったのですが、早朝だったので店は開いておらず、仕方なく諦めることにしました。

その日は快晴だったので、犬をつれて散歩に出ることにしました。歩いているうちに、ふと歩道に目をやったら、そこに美味しそうなグレープフルーツが落ちていました!

信じられない思いであたりを見回したのですが、人っ子一人見当たりませんでした。

私はグレープフルーツを拾い上げ、湖まで歩いていって、そこで果物を食べました。

それまで食した中で最も美味しいグレープフルーツでした。