綺麗な街並み

小さい頃、用事があって親戚の家まで遠い道のりをお祖母ちゃんと一緒に走っていった。おばあちゃんは自転車で、私は走って。

その走った道は、すごく綺麗な道で綺麗に舗装されてて、いいとこだった。走ってる時、いいとこだな〜と思いながら走ってた。周りに立ってる家も小綺麗で、テレビドラマに出てくるようなとても素敵なとこだった。

そして親戚のうちに何を届けたか、親戚のうちがどうだったかも覚えてる。帰るときもその道を走っていった。

しかし、それから何年もその場所を探しているのだが、どこにもそんな場所は見つからない。今でも自転車に乗って探しに行くことあるんだけど、やっぱりそんなとこない。おばあちゃんに聞いても、忘れたというし・・・。

でも、これは私の妄想では絶対ないんです。あの素敵な街並みはなんだったんだろう? 不思議な体験です。

出典:時空の歪み