夕飯を食べた俺と、食べなかった俺

今日の夜7時くらいの話なんだけど、いつもそれくらいに夕飯なのね。んで今日も夕飯になったから一階にいる母親が「夕飯できたよ〜」って呼んだわけ。いつもはここで降りるんだけど、今日は丁度降りる前に電話かかってきたんよ。んで俺は「あとで食う」って叫んで電話に出たわけ。

そして1時間くらい電話して降りたら夕飯もう片付けられてたの。当然俺は「残してないのかよ!」って怒ったんだけど母親は「あんた食べたじゃん」ってフツーにいいやがる。

ハァ!?と思っていつも一緒に食う婆ちゃんに聞いても食べたの一点張り。母親に問いただすと「あとで食う」自体伝わってなかったらしい。呼んだら速効降りてきただと。んで母親と婆ちゃんと一緒に食ったらしい。

でも携帯見るとちゃんと1時間電話した履歴が残ってる。日付も正確。これはどういうことですかと。

出典:時空の歪み