コカコーラがどこからともなく出現!

ある日、僕は自室の机でゲームをしていたのですが、その途中でトイレに行きました。自室に戻る途中で台所に寄り、冷蔵庫からコカコーラを取り出しました。

その時、ちょっとがっかりしたことを覚えています。というのも、冷蔵庫には一つしかコークが入っていなかったからです。「夕食の時、飲むものがないな」と思いました。

ともかく、僕は自室に戻り、コークを机の上に置きました。次の瞬間、ほんの一瞬、自分の体が落ちていくような錯覚を覚えたので、コークの缶から手を放しました。

次に机に目をやったら、なぜか二つのコークが机の上に置いてあったのです! まず頭に浮かんだのは、もう一つの缶は以前に飲んだコークの空き缶だということでした。ところが、二つとも栓は開けられておらず、冷蔵庫から取り出したばかりのようにキンキンに冷えていたのです。

これはささいなできごとに過ぎないのかもしれませんが、本当に変な気分になりました。いまだにこのできごとに思いを馳せ、余分なコークがどうやって出現したかを論理的に説明しようとしている僕がいます。