知らない駅

祖父の話。

いつも乗る電車で居眠りして乗り過ごした。降りたらそこは全くしらない駅。(ちなみに隣の駅も。)

異な事だ、と驚いたが、常に持っていたカメラで駅や周りの景色を撮ったのだそうだ。

そこからの記憶がまったくないまま目がさめると、そこは自分の乗り降りする駅だった。

写真を現像してみたが、白い渦巻きのようなものや青い筋のようなものが写っていただけだったと言う。

出典:不可解な体験、謎な話〜enigma〜 Part 1