クリプトン

製作国: アメリカ
原題: Krypton
製作: SyFy(サイファイ)
監督: コルム・マッカーシー
脚本: イアン・B・ゴールドバーグ、デイヴィッド・S・ゴーヤー
出演者: キャメロン・カフ、ジョージナ・キャンベル、イアン・マッケルヒニー
放映日(アメリカ): 2018年3月21日

鋼鉄の男・スーパーマンは、故郷の惑星・クリプトンが滅ぶ直前に生を受け、両親によって地球に送られて、成長後にスーパーマンとなった。

このドラマは、スーパーマンが生まれる200年前のクリプトンが舞台になっている。スーパーマンの祖父、セグ・エル(キャメロン・カフ)は、未来の地球からタイムトラベルしてきたアダム・ストレンジ(ショーン・シポス)から二者択一の難問を突きつけられる。選択肢の一つはクリプトンを滅亡から守ること。もう一つは、あえてクリプトンが破壊するに任せて、彼の孫、カル・エル(スーパーマンの本名)を地球に送り、スーパーマンとしての運命を全うさせることだった!

アメリカのSF・ファンタジー系ドラマ専門チャンネル、SyFy(サイファイ)が制作・放映する新シリーズ。

映画『マン・オブ・スティール』(2013)映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)のデイヴィッド・ゴーヤーと、TVシリーズ『スターゲイトSG-1』のデイミアン・キンドラーが制作総指揮を務めます。

スーパーマンの祖父、セグ・エルが、スーパーマンの存在を抹消しようとする陰謀と闘うという筋立てになっており、いわば『スーパーマン』と『ターミネーター』を足して二で割ったような展開になりそうです。

主役のセグ・エルを演じるキャメロン・カフは比較的新人ですが、イアン・マッケルヒニー(TVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のバリスタン・セルミー役)を初めとするベテラン勢が脇を固めています。

ジョージナ・キャンベルが、主役セグ・エルの恋人候補者、リタ・ゾッドを演じます。リタは、スーパーマンの宿敵であり戦犯のゾッド将軍の孫娘という設定になっています。

TVシリーズ『ダ・ヴィンチと禁断の謎』のブレイク・リトソンが、DCコミックの世界における有名な悪役・ブレイニアックを演じます。

この作品に対するあなたのコメントや感想を聞かせてください。こちらのページから投稿いただけます。

comments powered by Disqus