『ドクター・フー』シリーズ10でマスター(ジョン・シム)が復活

2017年3月21日


©BBC

間もなくイギリスで放送が始まるテレビシリーズ『ドクター・フー』シリーズ10で、悪役のマスター(ジョン・シム)が復活することが明らかになりました。

ジョンさんがドクターの天敵・マスターを演じたのは2010年にさかのぼります。この時ジョンさんは10代目ドクター(デイヴィッド・テナント)を相手に楽しいワルぶりを披露しました。

今回の復帰について、ジョンさんは次のようにコメントしています。

「噂は本当です。タイムトラベルのパワーのおかげで、僕は復帰します。優秀なスタッフがそろったチームと一緒に仕事ができるのはいつでも光栄です。次のシリーズでマスターがどんな悪だくみをするのか、一刻も早くみなさんに見てもらいたいです。」

マスターが『ドクター・フー』に戻ってくることは4月15日まで秘密にされているはずでした。この日、イギリスのBBCでシリーズ10の第一話が放送されるのですが、番組の最後にシリーズ10全体の予告編が流され、その中でマスターの復帰が明らかにされるはずだったのです。

しかし、何人かの人々が秘密を守り切れず、漏らしてしまったので、今回 BBC は公式発表に踏み切った次第です。

2017年のクリスマス特番を最後に制作総指揮者の役から下りることになっているスティーヴン・モファットは、この件について次のように語っています。

「『ドクター・フー』では秘密がすぐにバレてしまいます。でも、マスターがどんな悪どい計画を立てているのか、そして彼がどんな形で『ドクター・フー』に復帰するかを知るには、もう少しお待ちいただかなければなりません。ファンの間で大人気のジョン・シムとミシェル・ゴメスが同じ役で渡り合うことになったので、大いに喜んでいます。同一人物が衝突する場面を見る機会はめったにないですからね。」


©BBC

ドラマの中で、ジョンさん演じるマスターは、女性のミッシー(ミシェル・ゴメス:上の画像参照)に生まれ変わりました。つまり、シリーズ10では、頭のイカれた二人の同一人物が丁々発止のやり取りをすることになります。

54年にわたる『ドクター・フー』の長い歴史の中で、複数のドクターが顔を合わせたことは何度かありましたが、二人のマスターが合流するのは今回が初めてのことです。

12代目ドクター(ピーター・カパルディ)と新しいコンパニオンのビル・ポッツ(パール・マッキー)が主役を務めるシリーズ10の第一話はイギリスのBBCで4月15日午後7時20分に始まります。下の動画で二番目の予告編をお楽しみください。

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus