『ドクター・フー』2017年クリスマス特番に初代ドクターが登場

2017年7月6日


©BBC

イギリスのテレビシリーズ『ドクター・フー』は、今年の12月25日にイギリスでクリスマス特番が放送されます。

12代目ドクターを演じているピーター・カパルディと、製作総指揮者であるスティーブン・モファットは、この回を最後に『ドクター・フー』から引退します。

このクリスマス特番(題名は未定)に初代ドクターが登場することが明らかになりました。

1963年に『ドクター・フー』が始まった時、故ウィリアム・ハートネルが初代ドクターを演じたのですが、今回は今は亡きハートネル氏の代わりにデイヴィッド・ブラドリーが初代ドクターを演じます。ブラドリー氏は『ドクター・フー』の伝記ドラマ『An Adventure in Space and Time(時空の冒険)』(2013年)で、ウィリアム・ハートネルを演じ、高く評価されました。ブラドリー氏は、このほかにも、アメリカのテレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』や、映画『ハリー・ポッター』に出演しています。

製作総指揮者のモファット氏は、ブラドリー氏の出演について、次のように語っています。

「現在、私たちは12代目ドクターと初代ドクターが出会う場面を撮影しています。今しがた、初代ドクターのターディスのセットに行ってきたのですが、このセットは見事に作られています。」

「デイヴィッド・ブラドリーが演じる初代ドクターは不気味なほど完ぺきなので、視聴者はだまされてしまうかもしれません。ついさっき、別のスタジオで二人の演技を見ていたのですが、彼は完ぺきにウィリアム・ハートネルを演じていました。なので、視聴者は彼が本当のハートネルだと確信するかもしれません。」

comments powered by Disqus