『ドクター・フー』クリスマス特番の画像とあらすじが発表

2017年12月1日


© BBC

イギリスのTVシリーズ『ドクター・フー』シリーズ11は来年秋にイギリスの BBC で幕を開けますが、このシリーズから、新しい制作総指揮者であるクリス・チブノールの指揮下で、史上初の女性のドクター(ジョディ・ウィテカー)が登場します。

でも、その前に、現行の12代目ドクター(ピーター・カパルディ)が、今年12月25日にBBCで放送されるクリスマス特番で有終の美を飾ります。

その放送が迫る中、BBCが2017年クリスマス特番『トワイス・アポン・ア・タイム(直訳:ふた昔前)』の広報用画像とあらすじを発表しました。


© BBC

「12代目ドクターの旅もいよいよ最終章を迎える。今回、タイムロードは過去の自分自身……初代ドクター(『ハリー・ポッター』『ゲーム・オブ・スローンズ』のデイヴィッド・ブラドリー)および復帰したコンパニオンのビル・ポッツ(パール・マッキー)と組み、最後の冒険を繰り広げる。北極の雪景色の中で立ち往生した二人のドクターは、生まれ変わることを頑(かたく)なに拒む。ガラス人間が凍りついた時間から犠牲者を盗み出す中、第一次大戦の戦場で死ぬ運命にあった大尉が塹壕(ざんごう)から連れ去られ、ドクターの物語である役割を務めることになる。人類史上、最も苦しい時代の中で、希望を失わないことの大切さを描いた感動作『トワイス・アポン・ア・タイム』は一時代の終わりを画する。ドクターは自分の未来を決めるために過去に直面しなければならない。だが、彼の旅は始まったばかりなのだ……」

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus