コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行FRINGE/フリンジ→フリンジNEWS


■『フリンジ』のキャストがファンにお別れ(2013年2月3日)

アメリカでは『FRINGE/フリンジ』が最終回を迎え、幕が閉じられました。

それに伴い、番組の出演者たちがファンにお別れとお礼を兼ねたメッセージを伝える動画が公開されました。ネタバレは一切ありません。

ジョシュア・ジャクソン(ピーター・ビショップ役):
「5年の間、ずっとつきあってくれたみなさん、どうもありがとう。最終回の展開に満足してくれたことを願っています。僕はこの番組に出演することを楽しみました。それと同じくらい、あなたがこのドラマを楽しんでくれたことを祈っています。」

ブレア・ブラウン(ニーナ・シャープ役):
「これは本当に悲しいことだわ。すばらしい5年間でした。もしあなたがこのドラマを気に入らなかったら……あなたの不安や希望を制作側に知らせてくれなかったら……私たちはここにこうしていないと思います。ファンの反応というものは、あなたが思っているよりも重要なんです。『フリンジ』のように複雑で理解しにくくて、万人向けでないドラマにとって、ファンの反応は活力源なんです。あなたが複雑なプロットや、脚本家が探求した旅を楽しまなかったら、この番組は打ち切られていたはず。ですから、たくさんのありがとうをあなたに捧げます。」

ランス・レディック(フィリップ・ブロイルズ役):
「『フリンジ』のファンのみなさん、これは完全なアドリブですので、あまり感情的にならないよう気をつけながら話したいと思います。ここまでやってこれたのも、みなさんのおかげです。あなたもこのドラマの一部ですので、こんなことを言ったら独善的に聞こえるかもしれませんが、『フリンジ』は別格の叙事詩的なSFシリーズだと思っています。みなさんがいなかったら、シーズン5まで続けることができなかったでしょう。ありがとう。」

ジャシカ・ニコール(アストリッド・ファーンズワース役):
「この番組を見てくれたみなさん、ありがとう。最初から見た人にも、友達から勧められて途中から見た人にも、同じくらい感謝しています。とてもすばらしい5年間でした。コミコンや街の通りでファンのみなさんに会って、この番組がみなさんの人生でいかに重要な位置を占めているかを知りました。これから新しい企画でファンのみなさんとのつながりを保っていければいいのですが。もっとも、『フリンジ』を超える番組は出てこないと思いますが。」

アナ・トーヴ(オリビア・ダナム役):
「この番組が放送されている間、ずっと支援してくださった方々に、どうやって感謝の意を伝えたらいいのか分かりません。どんなに言葉を尽くしても私の気持ちを表現することはできないでしょう。心の底から感謝しています。そして、結末に満足してくれたことを願っています。」

ジョン・ノーブル(ウォルター・ビショップ役):
「私の気持ちはこれまでに何度もお伝えしてきましたが、ウォルター・ビショップの立場でご挨拶するのはこれが最後になると思います。あれ以上の結末は考えられないと思いますが、私たちが最終回までこぎつけられたのは、ひとえにみなさんのおかげです。ワーナー・ブラザースやフォックスといった大企業の幹部が、みなさんの意見に耳を傾けたのは、すばらしいことだったと思います。とかく私たちは『大企業の幹部が視聴者の意見に注意を払うわけがない』と思いがちです。でも、あなたは重要な存在であり、あなたの意見は参考にされるのです。ありがとうございました。この番組に出演できたのは幸いでした。」

web拍手 by FC2