コリンズ:『スーパーナチュラル』シーズン10で人気キャラが死んだことに関してコメント

2015年7月21日

ネタバレ警告:この記事には『スーパーナチュラル』シーズン10最終話のネタバレが含まれていますのでご了承ください。

アメリカのTVシリーズ『SUPERNATURAL/スーパーナチュラル』シーズン10で、ファンの間で人気のあるキャラクター・チャーリー(フェリシア・デイ)が死んだことは、ファンの間で大きな論議を引き起こしました。

7月9日から12日まで、アメリカ・サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル(SF・ファンタジー・ホラー系の映画・TVドラマ・漫画に関する大規模なコンベンション)の『スーパーナチュラル』の公開討論会で、ファンは現場責任者のジェレミー・カーヴァーにブーイングを浴びせ、不満を表明しました。

このドラマで天使カスティエルを演じているミシャ・コリンズは、物議をかもした人気キャラの死について、次のようにコメントしています。

「ファンの間で不満の声が上がっていることは分かっているけど、このドラマに『神聖で侵してはいけないキャラ』はいないと思うんだ。サムとディーンだけは007のように不滅の存在だけどね。二人が死なないことは分かっている。」

「現実味のあるドラマにするためには、みんなから愛されているキャラをあえて死なせる必要があると思う。そういうことに無頓着になり、『誰も死ぬことはない』とか『死んでもすぐに生き返る』と安心していたら、ドラマから危険の要素がなくなり、結局面白さが減ると思うんだよね。」

スーパーナチュラル〈テン・シーズン〉 コンプリート・ボックス(4枚組) [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus