TVシリーズ『スター・トレック:ディスカバリー』で船長役を演じる俳優が発表

2017年3月9日

今年、放送が始まるアメリカのTVシリーズ『スター・トレック:ディスカバリー』で、宇宙船ディスカバリーの船長役を演じる俳優が発表されました。

映画『ハリポタ』シリーズで、ヴォルデモートの信者、ルシウス・マルフォイ(上の画像参照)を演じたジェイソン・アイザックがロルカ船長を演じます。ジェイソンさんは、『ハリポタ』のほかに、TVシリーズ『アウェイク 引き裂かれた現実』で、二つの並行世界に股をかける羽目になった男を演じました。

従来の『スター・トレック』では船長が主役を務めていましたが、新シリーズ『スター・トレック:ディスカバリー』はこの伝統を破り、レインズフォード少佐(ソネクア・マーティン=グリーン)が主役となります。それでも、船長役が大役であることは間違いないと思われます。

船長役に加えて、メアリー・ワイズマンが、宇宙艦隊アカデミーの士官候補生・ティリーを演じることになりました。

『スター・トレック:ディスカバリー』に登場する船長はジェイソンさんだけではありません。宇宙船・神舟のジョージョ船長役を、中国系マレーシア人の俳優であるミシェール・ヨーが演じます。

『スター・トレック:ディスカバリー』は『宇宙大作戦』の時代から10年前の世界が舞台になっており、『スター・トレック』シリーズで最も有名なエイリアンの種族であるクリンゴンが登場します。ジェームズ・フレインがスポック(レナード・ニーモイ)の父親・サレクを演じることになっています。

『スター・トレック:ディスカバリー』の放送日は未定ですが、今年の晩夏から秋にかけてアメリカで放送が始まる可能性が高いと目されています。日本ではネットフリックスが配信することになると思われます。

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus