映画『ターミネーター6』にゴーストライダー役の俳優が出演

2018年5月7日


© ABC

2019年に公開予定の映画『ターミネーター6』(仮題)に、TVシリーズ『エージェント・オブ・シールド』のゴーストライダー役でおなじみのガブリエル・ルナ(上の画像)が出演することが決まりました(報道元:ヴァラエティ)。

エージェント・オブ・シールド シーズン4 COMPLETE BOX [Blu-ray]

ガブリエルさんのほかに、コロンビア出身の女優であるナタリア・レイズと、アメリカのTVシリーズ『プリティ・リトル・ライアーズ』に出演したディエゴ・ボネタが『ターミネーター6』に出演します。三人がどの役を演じるかについては、まだ明らかにされていません。

現在製作が進められている新作には、『ターミネーター』シリーズの代名詞的存在であるアーノルド・シュワルツネッガーと、『ターミネーター』(1984)と『ターミネーター2』(1991)でサラ・コナーを演じたリンダ・ハミルトンが出演することが決まっています。監督は映画『デッドプール2』(2018)のティム・ミラー


© PARAMOUNT

プロデューサーであるジェームズ・キャメロンの話によると、次回作『ターミネーター6』は『ターミネーター2』の続編になるとのこと。ということは、第三作以降の作品『ターミネーター3』(2003)、『ターミネーター4』(2009)、『ターミネーター:新起動/ジェニシス 』(2015)、そしてTVシリーズ『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』(2008−2009)で起きたできごとが、すべて帳消しにされるということです。

ジェームズ・キャメロンは『ターミネーター6』について、次のようにコメントしています。

「本作は『ターミネーター』と『ターミネーター2』のストーリーを継承する作品となります。第三作以降の作品は悪夢ということで片づけたいと思っています。というか、昨今は多次元宇宙説が受け入れられているので、別の時間軸で起きたできごととすれば、許されるのではないでしょうか。」

「今回の企画は誰よりもティム(・ミラー)の音頭取りで始まったことです。今の発言を聞いて驚いたかもしれませんが、僕は『ターミネーター3』以降の作品はどうでもよく、ほとんど関与していなかったのです。新作を作るにあたり、僕が主張したことは一つしかありません。それは改良・再創造して21世紀にふさわしい作品にするということです。」

『ターミネーター6』はアメリカで2019年11月22日に公開予定です。

ターミネーター [Blu-ray] | ターミネーター2 特別編(日本語吹替完全版) [Blu-ray]

web拍手 by FC2

comments powered by Disqus