クアンタム・リープ(原題)

制作国: アメリカ
制作局: NBC(National Broadcasting Company)
出演者: レイモンド・リー、アーニー・ハドソン、ジュエル・ステイト
配信開始日(アメリカ): 2022年9月19日
配信開始日(日本): 未定

あらすじ

旧シリーズ『タイムマシーンにお願い』(1989 - 1993)で、主人公の科学者、サム・ベケット(スコット・バキュラ)は、加速装置「クアンタム・リープ」の誤作動により時空連続体の中で行方不明になり、様々な時代の様々な人生にタイムリープする羽目になった。

それから30年が経ち、ベン・ソング(レイモンド・リー)博士に率いられる新しいチームが結成された。このチームの目的は30年前の実験にまつわる謎を解明し、サム・ベケット博士を探し出すことにあった。

Quantum Leap: The Complete Series [Blu-ray]

予告編

Quantum Leap: Complete Series [DVD]

コメント

ネタバレ警告! 旧シリーズ最終話の結末が記されています。

本国アメリカではいまだに多くのファンを抱えるTVシリーズ『タイムマシーンにお願い』が30年の時を経てリブートされることになりました。旧シリーズはシーズン5まで制作された人気作。シーズン6の制作も決まっていたのに、制作局のNBCが土壇場で打ち切りを決意したため、納得のいかない結末とともに幕を閉じ、ファンの不評を買うことになりました。主人公のサムは最終話でせっかく自分の時代に変えるチャンスを得たのに、人助けのためにタイムリープし続けることを決意したのです! 自分の時代に妻子を残したまま行方不明になったのに! うーん、当時はまだドラマ作りにいい加減なところがあったのですね。

今回リブートされる新シリーズでは、主役に韓国系の俳優、レイモンド・リーが抜擢されました。アメリカの地上波放送で東洋人がドラマの主役を務めるのはこれが初ではないでしょうか? なおさらテンションが上がります。日本の漫画を元にしたネットフリックスの実写ドラマ『カウボーイビーバップ』では、韓国系のジョン・チョーが主役を務めたものの、あえなくシーズン1で打ち切られてしまいました。本作がその二の舞にならないことを願っています。

『タイムマシーンにお願い』では、主人公を助けるホログラムのアル(故ディーン・ストックウェル)が愛すべきキャラとして人気を集めましたが、新シリーズでは女性がアルの役を務めるようです。

旧シリーズではSFよりも人間ドラマに重きが置かれており、主人公が様々な時代の様々な人の体にリープすることで、その人が抱えている問題を解決するという展開になっていました。新シリーズでもこのテーマが継承されるようです。楽しみに待たれている本作が成功を収め、シリーズ化することを祈っています。