コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン 実話ゾーン ホームページ
時間旅行TV&映画ゾーンタイムトラベルTV(90年代)→スタートレック:ヴォイジャー


■スタートレック:ヴォイジャー

原題:Star Trek: Voyager
放映日:1995年1月16日〜2001年5月23日
製作国: アメリカ
放映時間: 45分(172話)

惑星連邦の深宇宙捜査船USSヴォイジャーは、非武装地帯で、反カーデシア組織「マキ」のテロリストが乗った宇宙船ヴァル・ジーン号を追跡している内に、プラズマ嵐に巻き込まれ、二つの宇宙船は地球から70000光年離れたデルタ宇宙域に飛ばされてしまう。そこでヴォイジャーはヴァル・ジーン号を探し出すが、それは大破していた。両船の乗組員は、故郷への長い旅を乗り切るには両者が力を合わせる必要のあることを認め、協力関係を結ぶ。デルタ宇宙域から地球に戻るには、ウォープ速度を最高にしても75年かかる。ジェインウェイ船長に率いられるヴォイジャーの乗組員たちは、マキのメンバーと協力して、一刻も早く地球に戻らなければならない。


キャスリン・ジェインウェイ艦長
(ケイト・マルグルー)

チャコティ
(ロバート・ベルトラン)

トゥヴォック
(ティム・ラス)

ベラナ・トレス
(ロクサン・ドーソン)

トム・パリス
(ロバート・ダンカン・マクニール)

ハリー・キム
(ギャレット・ウォン)

ドクター
(ロバート・ピカード)

ニーリックス
(イーサン・フィリップス)

ケス
(ジェニファー・リーン)

セブン・オブ・ナイン
(ジェリ・ライアン)
   

このコーナーでは、ヴォイジャーのエピソードの中から、時間SFに関したものだけを選んでご紹介しています。今のところ7話のみご紹介していますが、今後その他のエピソードも取り上げていく予定です。


■ブラックホールからの脱出

シーズン1第2話:(1995年1月23日)

ヴォイジャーはブラックホールの外縁で身動きのとれなくなった宇宙船からSOS信号を受ける。この信号、実は未来のヴォイジャーから発信されたものだった。そのことに気づいたときは時すでに遅しで、ヴォイジャーは量子特異点に捕らわれていた。どのようにしてこの危機から脱出するか?

これはストーリーが二転三転し、非常に面白いエピソードでした。緊迫感あふれる展開の中で、ドクターの背が縮んでいく場面は声をあげて笑ってしまうほど愉快でした。


■24時間の過去

シーズン1第3話(1995年1月30日)

ヴォイジャーはとある惑星に到着する。その星は何らかの災害で完全に破壊され、すべての生命は息絶えていた。この現象を調べている最中、ジェインウェイ艦長とパリスは部分空間の亀裂に踏み込み、一日前にタイムスリップしてしまう。その時点で惑星は破壊されておらず、ヴォイジャーはその星から遠く離れた場所を航行していた。地元のテロリストが発電所を攻撃する計画を進めていることを知った二人はその攻撃を阻止しようとするが……。

これは最後のオチが予想もつかないものでした。このオチは「因果のループ」と呼ばれます。


■ワームホールの崩壊

シーズン1第6話:(1995年2月20日)

ヴォイジャーの乗組員は故郷のアルファ宇宙域に通じるワームホールを発見して喜ぶが、そのワームホールは宇宙船が通過するには小さすぎることが判明する。しかし、向こう側に連絡することはできた。その連絡を受け取ったのは敵・ロミュラン星人の宇宙船だった。ジェインウェイ艦長はロミュランとの間で信頼関係を打ちたてた末、彼をヴォイジャーにビームすることに成功するが……。

疑り深いロミュランを、ジェインウェイが誠実な態度で説得し、信頼を勝ち取っていく過程が感動的。


■ミッシング1937

シーズン2第1話:(1995年8月28日)

ヴォイジャーは旧式のSOS信号を受信、その信号が発信されている惑星に向かう。そこには8人の人間が冷凍仮死状態になっており、そのうちの一人はアメリア・イアハート(大西洋横断を果たした女性初の飛行士)だった。その近くには何千人もの人間が住んでいることが分かった。彼らは1937年に地球から誘拐された人々の子孫だったのだ。ヴォイジャーの乗組員たちは「新しい」地球に残ることを勧められる。ジェインウェイは、大方の乗組員がその星に残ることを決意するのではないかと心配するが……。

冷凍仮死状態になった8人のうち、一人は日本兵でした。彼は日本語しか話しませんでしたが、ヴォイジャーの「万能翻訳機」のおかげで、意志を通わせ合うことができました。エミリア・イアハートは実在した人物で、1937年7月、赤道上世界一周飛行の途中で、南太平洋において行方不明になりました。


■現実への脱出

シーズン2第5話:(1995年9月25日)

ハリー・キムは24世紀のサンフランシスコで目を覚ます。ベッドにはフィアンセのリビーがいた。どうやら別の時間軸に迷い込んだらしい。その時間軸で、ハリーはヴォイジャーの乗組員ではなかった。ヴォイジャーは彼を乗せずにデルタ宇宙域に消失してしまったのだ。そこはハリーにとって快適な世界だったが、にもかかわらず彼は歴史を正すことを決意する。


■Q1、Q2

シーズン2第18話:(1996年2月19日)

ヴォイジャーの乗組員は、彗星の核に囚人として収容されていたQ連続体の一員を図らずも救い出した。クインと名乗るその男は、不死身であるにもかかわらず、死を望んだため投獄されたのだ。そこにQが現れ、クインの引き渡しを要求する。だがクインはヴォイジャーへの亡命を希望した。二者択一に迫られたジェインウェイ船長は、クインの死をめぐる模擬法廷を開くことにするが……。

Qはトレックファンの間で人気が高く、このエピソードも高く評価するファンが多いようです。でも私は個人的にあまりQのファンではありません。というのも、Qはほとんど神のようなパワーを持っており、全知全能に近く、あまりにも荒唐無稽なように思えるからです。

この話では、『新スター・トレック』のウィリアム・ライカーこと、ジョナサン・フレイクスが特別出演します。裁判の証人として、アイザック・ニュートンと、60年代のヒッピーと、ライカーが呼び出される場面があるのですが、そこで彼が登場します。


■伝説のミスター・カトー

シーズン3第2話(1996年9月11日)

ガス状星雲に接近中、突然トゥヴォックは、子供のころに起こったと思われるできごとを思いだす。だが、そのできごとは彼の記憶にないものだった。自分の脳のシナプスに異常があると判断したトゥヴォックは、それを治すために、ジェインウェイに頼んで、彼女とマインド・メルドをすることになった。そして二人は80年前のエクセルシオ船中に現れる。カトー船長に率いられるエクセルシオは、クリンゴンに逮捕されたカーク船長とマッコイ医師を救出するため、クリンゴンが犯罪植民地として使っている小惑星に向かう最中であった……。

スタートレック30周年を記念して制作されたこのエピソードには、ジョージ・タケイがミスター・カトーとして特別出演しました。このエピソードのストーリーは映画『スター・トレックY 未知の世界』で起こったできごとに合致します。

スター・トレックY 未知の世界/リマスター版スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 1 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 2 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 3 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 4 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 5 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 6 コレクターズ・ボックス
スター・トレック ヴォイジャー DVDコンプリート・シーズン 7 コレクターズ・ボックス
Star Trek Voyager: Seasons 1-7 [DVD] [Import]


時間SFテレビ: 50年代 | 60年代 | 70年代 | 80年代 | 90年代 | 2000年代 | 2010年代