コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→嵐の日のできごと


これはあるイギリス女性の体験談です。


2002年のことです。当時、私は元ボーイフレンドと暮らしていたのですが、彼は本当に最低な男で、ふたりの関係は終わりにさしかかっていました。私たちは頻繁に口喧嘩をしましたが、そのたびに彼は悪意をむきだしにし、何日もその状態を引きずりました。仲直りに努めたのはいつも私のほうでした。

ある日、彼は屋根裏部屋にいて、テレビのアンテナをいじくっていました。アンテナの位置がずれてしまったのです。私は階段の下にいて、「このチャンネルはよく映っているけど、このチャンネルはまだ……」というように呼びかけていました。

やりとりをしている最中、彼が私の言葉を聞き取れなかったので、私は屋根裏部屋の近くに行くために階段を上っていきました。階段の上までさしかかったとき、寝室のベッドの上に「誰か」が腰かけているのに気づきました。それは女性で、私に背を向け、身じろぎもせずに窓に向かっていました。言うまでもありませんが、そのとき家にいたのは彼と私のふたりだけでした。私は息をのみ、振り返って、元来た階段を下りていきました。

ボーイフレンドは私の声が聞こえなくなったので、気に障ったようすで屋根裏部屋から出てきました。そして、私が少し動揺しているのを見てとりました。私は自分が見たことを彼に伝えました。「その女性の髪はショートで茶色、明色のスラックスをはき、紺のトップを着て、ベッドの上に座り、窓の外を見ていた」と伝えたのです。予想通り、彼は私をあざけって笑いものにしました。

翌日の午後、ふたりの間でまた口論が起こりました。その日の喧嘩は特にひどいものだったのですが、激しく言い合っている最中に嵐が起こりました。私は泣き崩れ、自分の部屋まで走っていって、ベッドの上に座り、窓の外を見つめました。そのとき外では稲妻が激しく光っていました。

ボーイフレンドが私のところまでやってきて、不気味なほど優しく話しかけてきました。彼は私の肩に腕をかけ、「僕が悪かった。頼むから下に来てくれ」と言いました。私は彼とともに一階まで下りていきました。ちょうど一階に降りたとき、雷の爆音が鳴り響きました。

彼の気分が急に変ったことに戸惑いつつ、私は「いったいどういうことなの?」と彼に尋ねました。彼の答えもまた、普段の彼らしくないものでした。「昨日、何を見たの? 昨日、誰を見たの?」と聞かれたのです。一瞬戸惑ったあと、私はハタと気づきました。私の髪はショートで茶色、その日の私の装いは、ベージュのチノパンツと紺のトップだったのです。昨日、私は自分自身を見たのです!

当時の私はこのできごとに震撼しましたが、今にしてみれば、とてもよい体験をしたと思っています。

・ドッペルゲンガー現象ですね。ドッペルゲンガーとは雲海や眼下の霧に背後からの太陽光に因って、自分の姿が写ると言う現象を言いますが、この場合のドッペルゲンガー現象とはもう一人の自分を見る。と言う現象です。昔からもう一人の自分を見ると早死にするとか、幸福になるとか言われています。 - 所長さん

・雷のエネルギーが時間軸を歪ましたのでしょうか?似た体験があります(次ページに掲載)。 - メルモさん

●この体験談について、あなたのコメントをぜひお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか?お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング