コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→黒雲の出た朝に


これはアメリカのエンジェルさんの体験談です。


私は数々の奇妙なできごとを体験しましたが、7歳のときに起こったできごとは、最も奇妙なできごとのひとつです。ずいぶん昔のことですが、いまだに鮮明に覚えています。そのとき私は学校にいました。当日は嵐が起こっていました。雲は黒く、ほとんど邪悪に見えました。午前9時だったのに、外は真っ暗で、とても不気味でした。

授業中、トイレに行きたくなったので、先生に許可を求めました。廊下に出て真っ先に気づいたのは雲でした。まるでホラー映画で見るような雲でした。これから何か悪いことが起こるような予感がしました。少し歩いてトイレに着きましたが、ついてないことに、扉には鍵がかかっていました。もうひとつのトイレに行くためには、屋上を歩いていかなければなりません。

当時、私たちの学校は資金不足だったので、校庭がありませんでした。その代わりに、学校の屋上にだだっ広いスペースがあり、そこをレクリエーション用に使っていたのです。屋上を歩いているとき、普段よりも渡りきるのに時間がかかっているような気がしました。それは単なる気のせいだとかたづけ、歩を進めた末に、やっとのことでトイレに着きました。

このトイレは二重扉になっており、入口の扉と用をたす場所が壁で区切られていました。それはプライバシーを守るための措置です。ここから話は奇妙になります。扉を開けて中に足を踏み入れたら、タイル張りの壁の向こうから、奇妙なピーッ、ピーッという周期的な機械音が聞こえてきたのです。

2番目の扉を開けてトイレに入ったら、驚いたことに、そこにはふたつの巨大なクローム製のスーパーコンピュータがありました。私は「トイレにコンピュータを置くなんておかしい」と思いました。それらのコンピュータは耳をつんざくようなピーッ、ピーッという騒音を立てていました。

しかも、トイレの壁はタイル張りではありませんでした。ピカピカしたクロームのような素材でできていました。この素材は、当時の時代のものではなかったし、今の時代のものでもありませんでした! 私はトイレから駆け出し、教室に戻ることにしました。その日、昼食時に、このトイレにもう一度行ってみたのですが、すべては普通の状態に戻っていました。コンピュータはなく、壁はタイル張りになっていました。

この日、何が起こったのか、皆目検討がつきません。あれから12年が経ちました。タイムウォープか何かを体験したのではないかと思っています。

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか?お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング