1900年、ギリシアのアンティキティラ島(クレタ島の北西に位置する小島)の沖で、海綿(スポンジ)採りの潜水士が奇妙な人工遺物を見つけた。調査の結果、その遺物が驚くべき機能を持っていることが明らかになった。


潜水士たちは沈没船の中で大理石や青銅でできた彫刻を発見したのだ。最終的にそれらの品はアテネの国立博物館に収められた。それらの遺物の中に、一見したところ目立たない木の塊があった。

長い間、その塊は研究室に放置されていたのだが、ある日、その塊が崩れ、腐食した青銅製の機械が現れた。そこで、科学の歴史家であるデレック・ディ・ソラ・プライス(1922〜1983)がガンマ線写真を使って調査を始めた。

念入りな調査の結果、その機械の中に大小の歯車が取り付けられており、いくつかのギリシア文字が刻まれていることが判明した。それは天動説に基づく天文学者用の道具だったのだ。太陽系の中心に地球があり、その周りを太陽、月、そして惑星が公転するように作られていた。

その後、新しく開発された画像化技術を用いることによって、アンティキティラの機械の3Dのコンピューター・モデルが作られ、より複雑な機能が明らかになった。その研究結果は『ネイチャー』誌(イギリスで発刊されている世界で最も権威のある総合学術雑誌の一つ)に掲載された。

この機械は紀元前150年に作られたと推測されている。側面につけられているクランクを回すことによって、様々な機能を実行することができる。この機械は日食や月食が起きる時期(月・日・時間)を予測することができるのみならず、うるう年まで考慮に入れられている。

また、この機械は、黄道帯上における太陽や月の位置を予測することも可能だ。黒と白の石を歯車と連動させることによって、月の満ち欠けを表示することもできる。さらには、水星・金星・火星・木星・土星の位置を割り出す機能が含まれていた可能性もある。

アンティキティラの機械は、単なる科学の道具にとどまらず、社会的な目的のためにも使われていたことが判明した。古代ギリシア人は2〜4年おきに運動競技大会(いわゆるオリンピック)を催していたのだが、アンティキティラの機械によって、その催しの日付を割り出せられることが分かったのだ。

この機械の天才的なところは、複雑な計算機能や丹念な職人技に限られない。たとえば、古代人は月が楕円形の軌道を描いて運行することを知らなかった。にもかかわらず、この機械の製作者は「遊星歯車」と呼ばれる楕円形の歯車を用いて、月の運行パターンを模倣した。遊星歯車の使用は古代のテクノロジーに対する人々の概念を一変した。

誰がアンティキティラの機械を作ったのだろう? その疑問に対する答えはまだ出されていない。キケロの著述によると、古代の著名な発明家・アルキメデスが関わっていたとのことである。しかし、この機械はアルキメデスが死んでから作られた。

機械に刻まれた文字は、コリントス(古代の都市国家)またはコリントスの植民地で作られたことを示している。シチリアはコリントスの植民地で、シチリアの都市・シラキューズにはアルキメデスの本部があった。研究家の説によると、アンティキティラの機械はアルキメデスのデザインに基づいているそうだ。でも、この機械がそんな形で生産されたのだったら、なぜ同じような機械が他に見つかっていないのだろう? 謎は続く。

いま「恋愛」「美容」「お金」のビックリ現象がココで続出!!

・紀元前にこれほど精密な機械が作られたなんて驚きです。昔の人は私たちが思っている以上に賢かったのかもしれませんね。

Rieさん


・違いますよ?! タイムスリップして誰かが教えに行ってるんでしょう。

FBIさん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!