コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→ボールド街異聞2

英国リバプール市の繁華街、ボールド街では時間にまつわる不思議現象が数多く報告されています。


イギリス女性のBさんは80年代にリバプール市内で働いていました。天気のいいとき、彼女は外に座ってサンドイッチを食べるのが常でした。彼女は超自然現象についてとても懐疑的でした。

ある晴れた暖かい日のことです。彼女はベンチに座ってランチを食べることにしました。そのベンチはボールド街にある「ウォーターストーンズ」という名の書店のはす向かいにありました。ベンチに座ったとき、太陽光が少し前に比べると暗くなっていることに気づきました。というか、あとで考えてみると、部分日食が起こったときのようだったといいます。

更に彼女はおかしなことに気づきました。ついさっきまで街が賑わっていたのに、人通りが少なくなっていたのです。それはとても珍しいことでした。なぜならそのときの時間は12時半、昼休みのピークだったからです。

彼女はきちんとした身なりの男性の隣に腰掛け、サンドイッチの包みを開けました。隣の紳士が話しかけてきたので、二人は見知らぬ者同士の常で、当たり障りのないことについておしゃべりしました。会話の最中、彼女の心にある考えがよぎりました。その紳士は粋な身なりで、感じもよかったのですが、服装が流行遅れのような感じがしたのです。それは1950年代に流行ったファッションのようでした。

男性から質問されたので、彼女は答えながら身を乗り出して空のサンドイッチの包みをベンチ脇のくずかごに捨てました。ところが、元の位置に戻ってベンチに座ったところ、驚いたことに男性は影も形もなかったのです。彼女は急いであたりを見回しましたが、男性の姿はどこにも見当たりませんでした。彼女が男性から目を離したのはほんの一瞬のことでした。ですから、その間に彼が走り去ることなどとても考えられません。そのとき、日光は以前のように明るく、通りは人でごったがえしていました。

・面白い出来事ですね…大体過去の人に見つかる事はまずないのに、見えて、さらに会話までできてしまうなんて凄いです。紳士の人も目の前で彼女が消えたのに元の時代で驚いていたでしょうね〜(笑) - 桑の実さん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

タイムスリップ体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!