コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→イギリス版『JIN−仁−』?


無菌手術のルーツは1867年にさかのぼります。この年、イギリスのジョセフ・リスター医師が傷と医療器具をフェノールという殺菌剤で消毒して外科手術をおこなったのです。

ところが、1403年のイギリスで、無菌手術がおこなわれたという記録が残っているのです。


この年、当時16歳だったヘンリー王子(上の画像)は、シュルーズベリーの戦いで深刻な傷を負いました。敵の飛ばした矢が王子の顔に突き刺さったのです。

矢は王子の左目の下に突き刺さりました。傷の深さは約15pに及びました。周りにいた人が矢を引きぬこうとしたのですが、矢の柄は抜けたものの、矢の根が傷の中に残ってしまいました。

王子はただちに城に連れていかれ、そこで何人かの医師が矢の根を取り除こうとしたのですが、うまくいきませんでした。

そこで、ロンドンの外科医ジョン・ブラドモアにお呼びがかかりました。彼は医師だけでなく、金細工職人でもありました。したがって彼は精巧な金属の器具を作ることに長けていたのです。

ブラドモア医師は矢の根を引き出す器具を特別に作り、見事それを取り除くことに成功しました。

その後、彼は傷口をワインで洗浄し、そこに蜂蜜とテレピン油で消毒した詰め物を傷口に詰め込みました。傷口が閉じるに連れ、詰め物の量も減らされていきました。そして20日後にヘンリー王子の傷は完全に閉じました。

更にブラドモア医師は、破傷風の感染を防ぐために、筋肉を弛緩させる作用のある軟膏(なんこう)と、けいれんを防ぐための温湿布を王子に処方しました。

こうして健康を取り戻したヘンリー王子は、1413年に王位を受け継ぎました。彼は、1422年に病死するまで、ヘンリー5世としてイギリスを統治しました。

それにしても、なぜブラドモア医師は蜂蜜やアルコールやテレピン油を使ったのでしょう? これらのものはすべて抗菌作用があることで知られています。しかし、1676年まで、人々は細菌が存在することすら知らなかったのです。

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング