コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→人間と恐竜の足跡


1983年、三つ指の恐竜の足跡がトルクメニスタン共和国で見つかったことを『モスクワ・ニュース』が報道しました。その足跡の横には人間の足跡がありました。これらの足跡はジュラ紀の岩で見つかったのですが、その岩は1億5千万年前のものと推測されています。


トルクメニスタン地質学研究所の所長であるアマニヤゾフ教授は、先史時代の動物の足跡の横に人間の足跡があったことに驚愕しました。

同教授は次のように述べています。

「人間の足跡については、人間か、もしくは人間に似た動物のものと思われます。信じられないことに、これらの足跡は恐竜の足跡が見つかった台地と同じところで見つかりました。これらの足跡は少なくとも1億5千万年前のものと思われます。人間の足のサイズはおよそ26pです。この足跡を残したのが誰であれ、我々よりも背が高かったと思われます。」

一方、ロシアのジャーナリストであるアレグザンダー・ブシェヴは次のように語っています。

「最も謎に満ちた事実は、恐竜の足跡とともに裸足の人間の足跡が見つかったことです。人類は恐竜よりもずっと後に出現したことが分かっています。」

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング