コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→靴底の三葉虫


1968年の夏、アメリカ・ユタ州・デルタ市の北東69キロメートルのところにあるアンテロープ・スプリングスで、ウィリアム・J・マイスター氏が化石を探していました。

マイスター氏はそこで厚さ5センチメートルの岩板をみつけました。その中に化石があることを期待して岩板を開けたところ、そこに靴の跡の化石が現れました。

その化石には靴の縫い目が認められ、かかとの部分が3ミリメートルほど余計にくぼんでいました。靴底がすりへった状態は、それが右足の靴であることを示していました。

その岩板の中には、靴の化石の他に、三葉虫の化石もいくつかあり、そのうちの一つは靴のかかとによって押しつぶされているように見えました。

進化論者によると、三葉虫は地球に生息した生物の中でも、最古の生物の一つとみなされています。三葉虫は、6億年前から2億8千万年前に生息した古生代の海洋生物でした。三葉虫は少なくとも2億年前に絶滅したと考えられています。

この化石が見つかった地域の頁岩は石炭紀(古生代の5番目にあたる地質学上の時期で、約2億9千万年〜3億5500万年前)のものです。

なぜ、古生代の岩に人の靴跡があり、その靴底で三葉虫が押しつぶされているのでしょう……?

・DVD「サウンド・オブ・サンダー」でタイム・サファリの体験者が恐竜時代に干渉してしまうシーンがありましたね。タイム・サファリが実用化された時代の未来人が足跡を残してしまい、消し忘れた・・・のでしょうか。 - enotakaさん

●このお話について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング