コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→落ちてきた赤ちゃん


これはアメリカで起こった不思議な偶然に関するお話です。


1937年、アメリカ・ミシガン州のデトロイト市でのことです。

街路清掃人であるジョセフ・フィグロックという名前の男性が路地を掃除していました。その時、ビルの4階の窓から赤ちゃんが落下、フィグロック氏にめがけて落ちてきました。赤ちゃんは彼の頭と肩に衝突しました。二人とも怪我を負いましたが、命に別条はありませんでした。

話はそこで終わりません。

それから1年後、フィグロック氏が別の路地を掃除していた時、デイヴィッド・トーマスという名の2歳の男の子がビルの4階の窓から落ち、フィグロック氏に衝突しました。今回も二人は命をとりとめました。

・きっとその男性は子供の命が助かって、ほっとしたと同時に自分が無事であった事に感謝したのではないでしょうか。

カンバラタカシさん(2013年9月26日)

●このお話について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング