あなたは、亡くなったとばかり思っていた有名人が健在であることを知り、狐につままれたような気持ちになったことはありませんか? ひょっとしたら、それはあなたの思い違いではなく、時間線を移動した結果なのかもしれません……。


超常現象に興味を持つアメリカの人たちの間で、「死んだと思っていた有名人が健在であることを知り、愕然(がくぜん)とする」という奇妙な現象が話題を巻き起こしています。

俳優のカーク・ダグラスはその一例です。「90年代後半に彼が亡くなったことをはっきり覚えている」と断言する人が多くいます。

もう一つの例は俳優のリチャード・チェンバレンです。彼はアメリカのNBCネットワークで1980年に放送された時代劇『将軍 SHOGUN』で主役を演じ、三船敏郎や島田陽子と共演しました(下の動画参照)。一部の人は「90年代後半に彼がエイズで亡くなったことを知り、ファンがショックを受けたことをはっきり覚えている」と述べています。実のところ、彼はいまだに現役の俳優として活躍しています。

その他の例としては、TVシリーズ『ドクター刑事クインシー』の主演者ジャック・クラグマンや、俳優・歌手のドリス・デイが挙げられます。クラグマンさんは2012年の12月24日に亡くなったのですが、90年代に彼がガンで亡くなったことを覚えている人々が多くいます。

どうしてこのような現象が起こるのでしょう? こんな説を唱える人がいます。2001年に起こった同時多発テロ事件の衝撃で、私たちは別の時間線に移動したというのです。

本当にそんなことがありうるのでしょうか? それとも、それは単なる思い違いに過ぎないのでしょうか?


子供のころ、アメリカ政府の極秘タイムトラベル実験「プロジェクト・ペガサス」に参加したという弁護士アンドリュー・バシャーゴさんは、この現象について、次のように説明しています。

「そのような現象は実在します。私もカーク・ダグラスの葬式をテレビで見た覚えがあります。マイケル・ダグラスがサングラスをとり、泣きながら、父親が俳優として社会に残した遺産について話している模様を視聴しました。」

「そのような現象はワームホールとは関係がありません。むしろ時間線の概念によって説明することができます。私たちはマルチバース(多次元宇宙)に住んでいます。それぞれの次元では、異なるできごとやシナリオが常時起こっています。私たちは特定の時間線上に存在しているのですが、それと並行して、非常に多くの時間線が同時進行しているのです。」

「二つの事例をあげて、この現象について説明します。」

「一つめは、2000年に、当時アメリカ海軍の少佐だったエルドン・バード博士と話をしたことです。海軍でポラリス・ミサイルの開発に携わった彼は、有数の科学者の一人です。」

「博士は、時間線の移動について説明するために、海軍が太平洋の地図を作りなおした時のことを引き合いに出しました。二度目に地図を作った時、博士は島が移動していることに気づいたのです。当初、陸と水が島のようなパターンを作り、それを島と混同したのだろうと思ったのですが、海軍が調査したところ、灯台が前とほぼ同じ位置に立っていることが判明しました。そのことは陸塊が確かに移動したことを示しています。そこで海軍は、我々が新しい時間線に移動したのだと結論づけました。」

「二つ目の例は、2003年の6月にさかのぼります。当時、ニューメキシコ州・サンタフェにあるロレット教会で、プロジェクト・ペガサスの元参加者を対象に、CIAが説明会を開きました。」

「CIAの調査の結果、プロジェクト・ペガサスの元参加者たちが、実験終了後も、二つの異なる時間線の間を知らず知らずのうちに行き来していることが明らかになったのです。一つの時間線は私たちになじみ深いものであり、私たちは主としてその時間線上で生きています。しかし、時たま別の時間線にアクセスすることがあるのだそうです。」

「私はオレゴン州・ポートランド市にある法科大学院で勉強したのですが、別の時間線では、コロラド州・ボルダー市にある法科大学院に通ったようなのです。CIAはわざわざ調査員をボルダー市の法科大学院に送り、私の写真を大学院の関係者に見せたのだそうです。何人かの人々は私のことを覚えていて、『熱心な学生でした』とコメントしたそうです。」

「それで私は『なぜこのようなことが起こるのですか?』と質問しました。CIA関係者の答えはこうでした。タイムトラベル実験に参加したことによって、私たちの存在が不安定になり、二つの時間線の間を行き来するようになったというのです。『どうしたら今後そんな事態を防ぐことができるのですか?』と尋ねたら、『感情の起伏を避け、常に精神を安定させるよう努めなさい』と助言されました。」

「ですから、2001年の同時多発テロをきっかけにして、私たちが集団で時間線を移動したという説を、私はあながち否定できないのです。同時多発テロがすべての人に激しいショックを与えたので、二つかそれ以上の時間線が不安定になったのかもしれません。」

「同時多発テロが強烈なショックを引き起こした結果、私たちは集団で隣の時間線に移動したのかもしれません。そこではカーク・ダグラスやジャック・クラグマンが亡くなったのでしょう。その後、元の時間線に戻ってきて、それらの有名人が死んでいないことを知り、驚いたということではないかと思います。」

「それは、スラローム(回転競技)のスキー選手が丘を滑り降りるようなものです。選手の視点からすると、自分が丘を一気に滑り降りているように感じるのですが、傍観者の目には、スキーヤーは複数の旗門を通過しながら滑降しているように見えます。いわば私たちはスキー選手のようなものです。私たちにしてみれば、単一の時間線上を生きているように思えるのですが、感情が極端に高まったり、落ち込んだ時、隣り合わせの時間線に踏み込んでしまうのでしょう。そこは元の時間線と非常に似通っているのですが、細々とした点が異なっているのです。」


これと似たような体験をされた方は、ぜひ体験談をお聞かせください!

バッチフラワーレメディ─(フラワーエッセンス)初心者講座

・今日テレ朝版ぶらり途中下車みたいなのを見てたら、研ナオコが番組に出ていてビックリしました。去年の4月か5月くらいに亡くなって、「結構最近までテレビに出てて元気だったのになー。」という記憶があります。家族にもそれを話しましたが「死んでないよ。勝手に殺すな笑」と馬鹿にされてしまいました。これはもしやと思い、調べていたらこのサイトを見つけました。今いるのがパラレルワールドなのでしょうか?それとも前までいたのがパラレルワールドなのでしょうか?分からないですがとにかく怖いです。

かわっしーさん(2015年12月27日)


・え、確かに、カークダグラスが亡くなった、って。息子のマイケルがコメントしてたのも見たはずなのに・・・

あまやどりさん(2015年1月26日)


・ドラえもんの「タレント」や「明日の犠牲者」みたいに謎なものもあるけど、インターネットが発達した現在ではそういった都市伝説は流布しない。つまり覚え違いをしたAさんが覚えていないBさんに「こうだよね」と聞いてBが「そうかも」と記憶の改竄、Aは自分の記憶を定着させる…というように噂が広まったのかも? 3.11以降変わったのは価値観だけな気がするし

さん(2014年3月22日)


・野球の門田弘光氏とお笑いの高木ブー氏が私の記憶では数年前に亡くなっていたのだが、最近存命であることを知って密かにショックを受けた。特に門田氏は新聞記事で読んだ記憶があったので、確かに亡くなったと思っていたのですが…

ヒロタカさん(2013年12月20日)


・それらの有名人の死亡の報道が、誤報だっただけでは?

ソラさん(2013年12月14日)


・ポール・ポッツが、ブリテンズ・ゴット・タレントでデビューした時の審査員のリアクションが私の記憶と違う。スーザンは、準決勝までだった。

セロリさん(2013年12月13日)


・この記事を見て思い出したのが「天空の城ラピュタ 幻のエンディング」の話です。多くの人がラピュタ城が空へ上がるエンディングのあと映像が流れるといった話です。ですが未だに、この映像を録画したテープが見つかっていません。この話は1988〜89年の間のTV放送の話なのですが、ちょうど昭和天皇が崩御された年に当たります。

「すべての人に激しいショックを与えたので、二つかそれ以上の時間線が不安定になったのかもしれません。」 この説明のように多くの人がタイムラインを移動したかもしれませんね。(2013年12月11日)


・2013年11月13日のyahooニュースにビビアンスーがシンガポールの富豪と結婚とありました。自分の記憶では、1999年か2000年頃、香港の富豪と結婚した記憶があります。だから結婚・引退したものと確信してました。その当時、香港の新居(町が一望できる豪邸)がTV番組で紹介されていのを確かに見た記憶があるのですが。。。完全に狐につままれた気分です。

ゆるゆるさん(2013年11月6日)


・人間が持っている固定概念が邪魔をしている。この考えがある以上、不思議は無くならないかもね。。。

娯楽部さん(2013年4月4日)


・ちょっと思い出したので。子供のころ、何かの雑誌(学習関係雑誌だったはず)で「ターザン役で人気を博した水泳選手出身の俳優、故ジョニー・ワイズミュラーは、亡くなる前にすっかり認知症が進んでしまい、病院では夜になると"アーアアー"とターザンの雄たけびをあげて困らせていた」という記事を読み、痛ましい晩年だったんだなと思った。記事では故人となっていた。

それから数年も経って「ワイズミュラー氏、死去」(1984年)のニュースに接し「ええっ?まだ生きてたの?」と困惑。前に読んだ記事の通りの晩年だったらしいのだが。まあ、最初の記事を書いた記者が「とっくに故人だろう」と勝手に思い込んで書いてしまったというのが真相かも、だけど。

ジョニーさん(2013年3月20日)


・ロンドンオリンピックの開会式を見てビックリ仰天しました。モンティパイソンのエリック・アイドルがパフォーマンスをしていたからです。私にはかなり昔にエリック・アイドルが病気で亡くなったという新聞記事を読んだ記憶があるのです。その日以来私の中では彼は故人でした。狐につままれたような気持になりましたが、勘違いだったのだと自分に言い聞かせました。でもひょっとすると…

みんみんさん(2013年2月16日)


・記憶を振り絞り思いだしました! 私的世界では、カーク ダグラス氏は死亡してはおらず、2008年頃彼の バースディをマイケル ダグラス氏達とお祝いしていたのをTVで見ました。カーク氏は、体調を崩してはおられましたが回復してバースディを迎えられた事をことのほか喜んでおられた様子が印象的でした。

ララさん(2013年2月10日)


・こういう記憶を多くの人が共有しているのが不思議ですね。自分は十数年前、眠れないので夜中にTVをつけたら「クリント・イーストウッドがカーチェイスに巻き込まれ、銃撃されて死亡した」というニュースを見ました。翌日それを人に話しましたが、誰もそんなニュース聞いたことないと言われました。

サイモンさん(2013年1月29日)


・素晴らしい内容の記事です。たしかに新聞でカーク・ダグラスの死亡記事を見た記憶が残っています。

ケン・ソゴルさん(2013年1月27日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!