コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→リアリティ・シフト


日本のグラムさん♂から体験談を投稿いただきました。ありがとうございました!


私は幼い頃から、不可解としか言いようのない現象を体験することが多々ありました。

上手く説明できませんが、主に「今まで確かにそこにあったものが、次の瞬間には存在そのものが無くなっている」「気が付くと一瞬のうちに時間が経過している」「夢で見たことが次の日に現実に起きる(正夢?予知夢?)」といったようなことです。いずれも、私の日常生活には特に支障のない程の本当に小さなスケールの出来事です。

これらの現象は、小学校高学年くらいまでは頻繁に起こっていて、高校生くらいになると忘れた頃に起きる程度になりました。その中で最も頻度が多かったのが、先の1番目の事です。今でも強烈に記憶に残っています。

幼稚園の年長くらいの頃でしょうか。ある映画のポスターに描かれているキャラクターが、ふと目を離して再び目を戻した時には跡形もなく消えてしまっているということがありました。とにかく文字通りビックリ仰天してしまって、「あれ?確かに今あったよな…?」と困惑してしまいました。しかし、両親に話しても「最初からこの状態のままだったけど…」と言われる始末。

他にも、自分で書いたはずの文章の内容が突然変わったり、本のある表現が別の表現に変わっていたり…挙げだすときりがありません。何度も言いますが、これらはすべて一瞬のうちの出来事です。それはもうバッサリと切り替わるのです。丁度、映画の場面カットが別のカットに切り替わる時のようなイメージ、と言ったら分かりやすいでしょうか。

時間移動の体験でも同じく、気が付くと一瞬のうちに時間が5分や1時間15分というように少しだけ進んでいるのです。(興味深いことに、なぜか飛んだ時間の数字はそのほとんどが奇数なのです)最後まで残った現象は時間移動でした。一番新しい事例は高校1年の時です。

これらの出来事に関して、私は自分が何かの病気ではないかと怖くなって、単なる自分の勘違いだと無理やり納得するようにしました。ですが、単なる妄想だとしてもあまりにリアルすぎて気味が悪いのです…。

というのも、変化後に自分の頭の中で元の記憶に無理やり上書きされているような妙な感覚があり、その症状が出たとたんに変化前の詳細な部分が思い出せなくなって、「何かおかしい」「自分以外の全てが変化した」という気持ち悪い感覚だけが残るのです。ひどい時には、頭痛や吐き気が起こりました。まるで危険信号のようです。

また、この事に触れようとしたとたんに突然めまいが起きたり、頭痛がするのです。これを書いている、今まさにこの瞬間も具合が悪くなっています。

・経験自体は疑いようの無いものでしょうが、似たような経験が生じる病の人もいるようです。例えば多重人格者など。時間の消失や瞬間移動、そして目の前の物の変化。大抵の場合は人格同士が他の人格の存在を知らず、知ろうとすると頭痛や吐き気など…。また、人格変化後の頭の中を書き換えられる感じも。周囲の人が変化に気付く程人格が違うとも限らないようです。私は、並行世界は必ず存在すると信じていますが、様々な可能性もまた否定出来ないと思っています。

Pさん(2014年2月6日)


・この感覚はなんの不思議もない話です。以前の地球とは変わって言っているので多くの人がこのような体験を多かれ少なかれしているのです。わたしは1980年代に一時的に経験しました。本当にこのことを知りたいと望むのであれば「ニュートラルに生きる田村まゆみ」で検索してみてください。安心安全!?の世界がわかります。

孔雀舞子さん(2013年8月21日)


・この体験談を投稿した者です。

皆さんの投稿を読んで、不思議現象を体験する方が普通に居てホッとすると共に自分の中で確信を得ました。つまり、私は並行世界を移動していたんですね! ごく僅か、本当に微妙に異なる世界を小さい頃から渡り歩いていたという事ですか…。決着がつきました。

移動前の世界の事は、詳細は分からずやはりぼんやりとしか思い出せません。抽象的、あまりに漠然としていて…。言葉足らずで申し訳ない。体験談に書いた例のキャラクターもその詳細は思い出せず、ただ「キャラクターが居た」としか言い表せません。特に印象に残っている事でも、この位が限界です。もしかしたら、日常生活の意識しない所でも何かしら起こっているかもしれません。並行世界から来たとすると、私は異世界人という事になるんでしょうか? だとすれば、前の世界は私が居なくなった後はどうなっているんだろう?? また別の世界の私が穴埋めとして来ているとしたら、何だか途方もない話ですね…。

余談ですが、このサイトに投稿したきっかけは、某ライダーの「特異点」の設定が自分とよく似ていたのを面白いと感じたからです。SFと現実との壁は結構薄いものなのかもしれませんね。

グラムさん(2013年3月5日)


・この記事を投稿した時のグラムさんはいま、この世界にいらっしゃいますか?

ラッセルさん(2013年2月25日)

●このお話について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング