コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→人間蒸発


1989年1月のことです。

イギリス・ドーセット州に在住の実業家であるグラハム・マースデン氏が、サウサンプトン市の近くにあるガソリンスタンドに車を乗り入れました。

彼はガソリンを満タンにし、料金を支払って、トイレがどこにあるかをレジ係に尋ねました。

彼はトイレに入っていきましたが、いつまでたっても出てきません。

マースデン氏の車が給油所をふさいでいたので、レジ係がトイレの扉をノックしましたが、返事はありませんでした。

そこでレジ係が合鍵で扉を開けたところ、中はもぬけの殻でした。

その後、間もなく警察が到着しました。警察官は追跡犬とともにあたりを捜索しましたが、マースデン氏は見つからず、彼は消息を断ちました。


マースデン氏のように謎の失踪を遂げた人は一体どこにいってしまったのでしょう? 次のページでは、消え去ってから元の世界に戻ってきた人の話をご紹介します。

●このお話について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング