これはイギリスで起きた「奇妙な偶然の一致」に関するお話です。上の画像はこの話の舞台であるメナイ海峡のものです。


記録に残っている「偶然の一致」の中で、最も奇妙なものの一つは、イギリス・ウェールズ州のメナイ海峡(グレートブリテン島とアングルシー島の間に位置する海峡)で起きた船の沈没事故に関するものです。


大きな地図で見る

この海峡で最初に船が沈んだのは1664年12月5日のことです。その船には81人の客が乗っていたのですが、一人を除いて全員が死亡しました。命をとりとめた人の名前はヒュー・ウィリアムズでした。

それから121年後の1785年12月5日、同じ海峡で60人乗りの船が沈みました。今回も一人を除いて全員の乗客が命を落としました。助かった人の名前はヒュー・ウィリアムズでした。

同じ場所で、同じ月日に船が沈むことは、単なる偶然の一致として片づけられるでしょうが、助かった二人が同姓同名だったのは不可解なことです。でも、話はそこで終わりません。

1860年12月5日、25人乗りの小型船がメナイ海峡で沈没しました。今回も生存者は一人だけでした。その人の名前は……そう、ヒュー・ウィリアムズでした!

モンロー研究所のヘミシンクCD!!

・たった今、私にも偶然の一致が起きました。何気なくタイトルをクリックしたのですが、画像を見て一目で馴染みのある場所だとわかりました。

私はこのメナイ海峡に臨む大学で学位を取りました。勉強は大変だったけど、たくさんの友達に恵まれて楽しい大学時代を送りました。おかげさまで懐かしい気持ちになりました。ありがとうございます。

せおりさん(2015年8月106日)


・怖さすら感じます(2015年7月15日)


・私の場合は、50年以上、このような偶然が毎日のように起きてきたので、世界の歴史上でも、自分だけではないと嬉しく思います。

猫彗星さん(2013年12月10日)


・鳥肌(2013年6月17日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!