これはアメリカ・フロリダ州のギャリーさんの体験談です。

事故死を覚悟して目を閉じた、次の瞬間……

これは私の母が40年以上前、出勤中に体験したできごとです。

その日、母は高速道路を通って職場に行かなければなりませんでした。高速道路に入るには、料金所で支払い、インターを通過しなければなりません。

インターから出て高速道路を400メートルほど走ったところの道脇に巨大な岩がありました。高速道路に入り、岩の近くまで来た時、突然車がスピンし始めました。そして車は岩に向かって突き進んでいったのです。

「これで終わりだ」と思った母は、目を閉じ、ハンドルから手を離しました。

しかし、何も起こらなかったので、恐る恐る目を開けたら、母はすでに通過したはずのインターから出て、高速道路に入ろうとしているところでした。

職場についた母は見るからに動揺していたので、仕事仲間はしばらくの間、母を座らせ、そっとしておかなければなりませんでした。

現実がシフトしたのでしょうか? それとも天の計らいだったのでしょうか? 私は分かりません。このできごとが母を怖がらせたことは確かです。それからしばらくして、私は自分の車を手に入れたのですが、母はそのことに乗り気ではありませんでした。

当サイトの記事や画像を許可なく転載することをお断りします。

知る人ぞ知る秘法の護符販売

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!