これはアメリカ・テキサス州にお住まいのロバートさんの体験談です。上の画像は、このお話の舞台であるノースカロライナ州のものですが、このお話とは直接関係がありません。


その日、私はアメリカ北部に住む親せきの家を訪ねたあと、自宅に向かって車を走らせていました。ノースカロライナ州からテネシー州に抜ける40号線をドライブしていました。この道を走る車は時速65〜75キロメートルを出すのが普通です。

山中で曲がり角にさしかかった時、突然、私の心の中で「スピードを落として!」という声が聞こえました。あたりには警察官はもちろんのこと、人影はまったく見られなかったのですが、とにかく私はその声に従い、スピードを70キロから40キロに落としました。

そうしたら、また「おじさん、スピードを落として!」という声が聞こえたのです。それで私はさらにスピードを落とし、角を曲がりました。そこには故障車が立ち往生していました。時速70キロで走っていたら、その車に衝突していたでしょう。

私は車を止め、故障車を修理中の家族を助けてあげました。その車には幼い子供が乗っていたのですが、角を曲がる前に私が聞いた声は、まさにその子供の声だったんです!

本当にビビってしまいました。なぜ、どうして、そのようなできごとが起こったのか、私には分かりません。この体験をして以来、私は奇跡を信じるようになりました。そして、運転中に奇妙なできごとが起こりうるということも……。

願望達成の護符・霊符販売

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!