イギリスのリバプール市で多数の人が未来的な車を目撃しています。


最初にその車が目撃されたのは1957年のことでした。ジョージ・キングズリーという名の実業家が自動車でリバプール市にあるクイーンズ・トンネルの中を走っていました。時刻は真夜中近くだったので、他にトンネルの中を走っている車はほとんどありませんでした。

その時、彼はサイドミラーに驚くべきものが映っていることに気づきました。流線型の未来的な車が猛スピードで走っていたのです。その色は黄色がかったゴールドで、形は三角形であり、縁は空気力学の原理に基づき丸くなっていました。「未来の車」は稲妻のようにジョージさんの車の横を通り過ぎました。

前方のトンネルはカーブを描いていたのですが、その車はもろに壁に突っ込んでいきました。ジョージさんは激突と爆発が起こることを予想したのですが、そこで驚異のできごとが起こりました。その車はあたかもトンネルの壁を通り抜けるように消えてしまったのです! しかし、高速道路にはタイヤのスリップ痕が残っていました。遠い未来から突然50年代にタイムスリップした運転手が、パニックに陥り、コントロールを失ってしまったのでしょうか?

それ以来、未来的な黄金色の車を見たという話が80件以上報告されています。いずれもリバプール市内か、その周辺で目撃されています。リバプール市で自然のエネルギーが合流し、次元と次元を隔てる壁が薄くなって、時にその壁が崩れることがあるということなのでしょうか……?

カンタン「引き寄せの法則」実践で金運UP&夢実現!!

・いつも思っている事だが、未来(科学技術には私は憧れを持っている)でタイヤがある車など原始時代の車じゃないのか?あくまでも反重力で空を飛び、道路ではリニアのように少し浮かんで移動するものじゃなければ未来の車とは言えないでしょう?

SYOU SYUNさん(2015年8月13日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!