小説の中で描かれた架空のできごとが現実化する……そんなことがあり得るものでしょうか?


『黒猫』や『アッシャー家の崩壊』などの作品で有名なアメリカの作家エドガー・アラン・ポーは、1838年、『ナンタケット島のアーサー・ゴードン・ピムの物語』という冒険小説を出版しました。これは、アーサー・ゴードン・ピムという名の青年が捕鯨船にこっそり乗り込み、数々の冒険を繰り広げるという物語です。この物語の中で、船が難破し、4人の船員が救命ボートに乗って避難する場面があります。

あてどもなく漂流するうちに、飢死の危機に直面した4人は、わらを使ってくじ引きし、短いわらを抜いた人の肉を残りの3人が食べ、飢えをしのぐことになりました。リチャード・パーカーという名の男が貧乏くじを引きました。彼は直ちに刺殺され、3人は彼の肉を食べることで生き延びました。


それから40年後、そんな架空のできごとが驚くほど正確に再現されることになりました。

とあるイギリス国籍の船が難破し、救命ボートで避難した4人の生存者が飢死の危機に直面しました。彼らはくじ引きをして、短いわらを引いた人の肉を食べるという、残酷な手段に訴えざるを得なくなりました。船上の給仕係だったリチャード・パーカーが短いわらを引き、彼は残りの3人に殺され、食べられました。

そして3人はイギリスに帰りつきました。当然のことながら3人はこの話を公にしませんでした。にもかかわらず罪がばれ、3人は1884年に裁判にかけられることになりました。

なぜばれてしまったのでしょう? 当時、『ロンドン・サンデー・タイムズ』紙が「驚異の偶然」に関するコンテストを実施したのです。このコンテストで優勝したのは12歳のナイジェル・パーカーでした。救命ボートの上で仲間に食べられた不運な給仕係は、ナイジェル・パーカーの曽祖父のいとこだったのです。


小説の筋と似たようなできごとが起こるだけならまだしも、犠牲者の名前まで同じというのは、もはや偶然の一致としてかたづけられないのではないでしょうか……?

ブランド化粧品がお買得価格
欲しかったあの化粧品が見つかる1万点の品揃え
送料無料。
さらに、さらにご注文回数で最大10%オフ

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!