これは日本の不思議ちゃんさんの体験談です。ご投稿、ありがとうございました!

この話の動画をユーチューブで視聴する


今から15年ほど前、私は高校生でした。その頃ボランティアで知り合った人が、とても不思議な話をしたのです。

その人(同じく高校生でした)の友人が、「未来から来た人に会った」、というものです。突然部屋に現れて、その友人は驚いていろいろ質問したそうです。未来人は、間違ったらしく、おまけに人に会ってしまった(見られた)ので、とても動揺していたそうです。

何でもその未来人が来た時代のタイムマシンはまだ正確ではなく、大体の目星はつけて来れるが、誤差があるとの事で、百年とか数十年とかずれることは頻繁にあるそうです。それでもどうしても会いたい人がいるので、何度もチャレンジしていると。(ちなみに、帰るのは比較的簡単で、時間を定めて過去に行くのが難しいとの事)努力の末かなり精度を高めて来ているので、今回こそ成功と思い、こんな場所に出てしまった。(成功していれば人に会わないはずの場所だったそうです。最低限人に会わない場所を選ぶらしく、今回は少々危険な場所ではあったが成功を確信していたので大丈夫だと思っていたと。)今回のずれは十数年程で惜しかったので、もう一度チャレンジすると帰って行ったそうです。

その未来人は学生か研究者か何かで、ある人物についてのレポートを書いていて、その人物が世紀の発明をする現場と、経過を見たいのだと言っていたそうです。そこで何としても、もう少し近い時間に行きたいと。

その時の会話によると、いわゆるタイムトラベルはその未来人の時代にはそこそこ普及しているらしく、一般人が旅行感覚で利用しているそうです。例えば江戸時代を見学に行く、とか。そして勿論、その時代に干渉するのは良くないことですが、旅行に行った人達はその時代の人間になりすまし、気付かれないように観光を楽しんで帰って行くそうです。お土産を買ったりはするようです。危険な時代は禁止されているそうです。

不思議な話ですが、何だかありそうな感じで、妙に納得すると同時に、疑問に思うことも多々あり、半信半疑で、人には話していませんでした。話してくれた人も、同じように思っていたらしく、あまり人に話せないと言っていました。その友人本人も、信じて貰えないか、頭がおかしいと思われるのが嫌で、あまり人に話していないという事でした。

しかし、最近のニュースでとても驚いたのです。その未来人が会いたいと言っていた人物は、日本人で、山中教授、と話していました。確かに、日本人の山中教授が世紀の発明をしたからです!! 当時の私は山中教授の名前も知りませんでした。もちろんこの話をしてくれた人もです。会ったという友人も知らない名前なので、余計に不思議でした。正直、今回ニュースになるまで聞いた事もない名前でしたので、その話を聞いた当時は、日本人で、近いうちに世紀の大発明をするような人物なんて本当にいるのか? そして、山中教授って誰なんだ? と話していたのを覚えています。

面白半分で大変失礼なのですが、日本人にありふれた名前なので、世紀の発明をする人はもっと格好良い名前(SF映画や漫画に出てくるような)だったりしないのか?などという話をしていたのです。ですので今回の山中教授のニュースを初めて新聞で見たとき、私はそのまま凍りついたように固まりました。あの時の話が走馬灯のように蘇って・・・・。ちなみに私達は関西人で、地理的にも信憑性が・・・。あの話は本当だったのでしょうか。その未来人は山中教授に会えたのでしょうか。疑問が頭をまわるばかりです。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・この話は 整理すると[タイムマシンが時間を遡るには!設定が困難]と言う事だけど! 未来に戻るには設定が容易になると言う事!! タイムマシンが 何をベースに 日付 時間を狙うのか!? それがミソなんでしょうね!!

時間軸 在るのか!?無いのか!? も気になります!! 今の科学で知られている事では 時空を飛び越えるだけの技術は存在していない!ダークマターの発見により 今まで人間の感覚で認知出来ていない事が確認されたら!! ようやくタイムマシンの原理が見付かりそうな気配ですね!!

↑の話が 信実であって欲しいです!!

24yearさん(2016年11月30日)


・自分はタイムスリップは無いですが子供の頃からUFOや幽霊をよく見ました。タイムスリップは利益が有るけど自分の体験は利益が無いから羨ましいですね

路地裏さん(2015年9月27日)


・ジョンタイター騒動はフェイク

あれはタイムトラベルのような未来テクノロジーを民間レベルで遅らせるための秘密政府による計画だった

2014年8月17日


・タイムトラベルしてきた人に行き会うって夢がありますね。僕も会ってみたい。もしこの時間軸にタイムマシンが存在してなくとも、他の世界線に存在するなら、我々の世界線にもタイムトラベラーが訪れても不思議はありません。だからこっそりでもいい。会ってみたい。タイムマシンに乗って自分が旅行するのもいいですが、旅行に訪れた人と会うのも楽しそう(^_^)

ニャンエイティーさん(2014年6月24日)


・わたしも小学6年生の時に未来から来たという人にお会いしました。その人はわたしの親戚と言っていましたが、その人の姓に心当たりがありませんでした。ところが今から3年位前に結婚した姪の嫁ぎ先の姓と同じです(^◇^;)

浅野さん(2014年8月17日)


・実は、22年前タイムスリップをしました。未来に行ってきたのですが、これから先大きなタイムスリップが起きることになっています。幻聴で、タイムマシンができたとき聞いたのですが、本当だったみたいですね。初めから信用していましたが。これから先、平成2年5月12日にタイムスリップします。大事件が起きそうです。

タイムトラベラーKさん(2014年7月14日)


・未来には簡単に帰れて過去へは難しいのは、情報量の差だと思う。未来にはこの時のこと場所には何があるかはっきりしてるから容易。逆に江戸とかは、時間とか季節で一目のつかないところに出られるのか?どっちにしろ確実にあった場所なら、重要文化財とかそう言ったところになるのかな?今は中でも外でも人がいるし、建物も立ったり潰れたりでなかなか確定できないんじゃないとか。いやでも、市役所とかで建築確認とか記録してるだろうし、分かるのか?ちゃんと説明したのは、対した問題にならないからじゃないか?だって現に問題になってない。(2014年7月1日)


・その話が事実なら、今現在は、未来からは、過去になり、私らは、既に、このよにいないことになる。過去の時間も、過ぎずに、止まった状態で、存在していることになる。自分が、過去現在未来とたくさん秒刻みで存在していることになる。未来人なりが、時間体験できるよう、幽体なりで、再現のような形で、時代を保管するていう原理なら、解るが、過去の自分が、未来に行ってる時、同時に、未来から、過去に、自分が、行ってて、年とった自分が、家で家族に会いました、数分後また、未来から、更に年とった自分が、、。時間の整理ややこしくない?誰が管理しないとえらいことよ!

どらえもどきさん(2014年6月19日)


・そりゃ、タイムトラベルは瞬間移動近いものでしょう。非線形の解析によって、法則を見つけたら過去や未来に行けますよ。

ただそういった現象は、あの世に関係があり物体は幽体からできている事を認めない限りは科学の飛躍はないでしょう。

隠者さん(2014年4月12日)


・タイムマシーンが不安定なのに教授の大発見を見れるはずが無い 大発見した時代に来ても研究所に入れてはもらえない

ただ、泥棒に入って人が居た事にビックリして言った事じゃねーかな(2014年3月25日)


・なぜ人に最低限人に会わない様にする人がわざわざ山中教授の話しをするのかが不思議!

はるさん(2014年3月8日)


・すごいですね、わたしもあってみたい(2014年3月1日)


・いま時空の研究してるらしい

しばこうさん(2013年11月14日)


・もしやその未来人が山中教授?

えんさん(2013年8月9日)


・最近知ったんですが、ジョン・タイターの話を当てはめる 若しくはジョン・タイターの話は可能性論で作られた話 と仮定すると、アナタの投稿した内容も真実性が高い気がします。

24yearさん(2013年3月21日)


・私の、勝手な思い込みなのですが、よくUFOの話やTV番組を見たり聞いたりします。エイリアンクラフト(宇宙人の乗り物)と言われるものは、ひょっとすると、タイムマシーンにすごく近いものでないかと、思います。また、宇宙人(エイリアン)と呼ばれるものは実際は、未来人のアバターで遺伝子操作でつくりだされたものなのではないでしょうか?未来人が山中教授の話をされていたのだとすれば、ips細胞を使って、クローンや体内の全てのパーツが容易に創れる様な、化学技術・医療技術が近い将来にあるのでしょうか?

hideさん(2013年2月14日)


・山中先生の研究は、まさに世紀の大発明で、未来にも大きな影響を及ぼしていることは、容易に想像できます。そのお名前が出てくるとは、信憑性が高そうで、そうなると山中先生のことではなく、それ以外に未来のことを何か語らなかったのか、ということにものすごく興味があります。不思議ちゃんさん、是非、お答えいただけないでしょうか?

Future Seekerさん(2013年2月13日)


・タイムトラベルに誤差があるのに、どうやってもとの時間に戻る?自分が2人存在することになる


・時間を超える原理が知りたい。私だったら先ず「どうやって時間を超えたの?」って聞く。

dibさん(2012年10月13日)


・不思議なお話が大好きで、このお話は先々月見つけたばかりでした。今回のノーベル賞受賞、教授は日本の誇りですね! 不思議なお話を思い出し再度こちらを覗いてみました。それにしても、そんなに遠くない未来にタイムマシンで行き来できる時代が来るということでしょうか?

miracleさん(2012年10月13日)


・先日山中教授のノーベル賞受賞を聞き、この話を思い出しました。 これで、この話がフィクションとは断ずることはできなくなりました。 まちがない。タイムマシン完成、合法利用まであと30年ちょっとですね

もらいじんさん(2012年10月12日)


・中山教授、ノーベル賞受賞は本日2012年10月8日です。その未来人さん、わりと今年から最近という未来から来たのでしょうか? この記事がアップされた年が2008年頃として、15年前というと1994年ぐらいじゃありませんか? その頃は、不思議なことを体験する人が一時的にとっても多かった時期でもありますね。最近は2ちゃんの記事が本当ならば、また結構頻繁に起きているみたいですけれどね。

にゃんたさん


・山中教授ノーベル賞受賞のニュースをみて、この話を思い出しました。今までも有名な方だったけど、ノーベル賞を受賞したことで後世にも業績がとどろいていたということでしょうか。自分も今の有名人の若いころに会いたいです。

ことりさん


・実際に確定した未来行ったり、また過去に行ったりは可能です。でも実際は、物事や、瞬間、ありとあらゆる事が微妙に事なる世界線、平行世界に飛ばされる場合もあります。タイムトラベルだけではなく、時間移動する事により未来や過去が知らない内に微妙に変わる場合もあり、ある意味、危険で、自然に反するものですから、あまり人と接触するのは避けたほうがいいのは分かります。私もタイムトラベルや平行世界に飛ぶ経験がありましたから。


・ワタシはツイッターで140文字小説を書いているのですが、こういった未来から来た、行ったというネタを度々使わせていただいておりますので、信じる信じないというよりもそうであって欲しいのが本音です。ワタシの小説のようにおふざけが過ぎるタイムトラベルは勘弁していただきたいものですが......。

ておまさおさん


・その話が本当なら無数の未来人が無数の時間帯を訪問している事になりますが、時間や場所が瞬時に変わっていたりする不思議な体験等々もそれが関与しているのでしょうか?

∞∞さん


・体験談では元の時代に戻って来ている方が殆どですから、帰りはそのルートが残されているのだと思います。(私自信は、まさか未来人にお会いした事はありませんので半信半疑な部分もありますが)元に戻って来るという多くの体験談と一致する事だけを見ても、本当に未来人から来たという事は否定は出来ない気がします。

crystalさん


・はっきり人間のような幽霊を見た!と今まで思っていましたが、私が消えた車(老夫婦が乗っていた)を見たのは、過去か未来から来たタイムトラベラーの人だったのかも。私も5分ですが最近、時間が戻った不思議体験をしてこちらのサイトを見つけました。こういう話しって現実に経験している人がいるんだなと。ひとえに消えたからと言え、幽霊や生霊だと片付けられませんね・・・・・

まりりんさん


・明日から、ふと町中で、「未来人が歩いていることってあるのかなあ」なんて考えてしまいそうですね。

いろいろさん


・ips細胞のほかに時空系でも大発見をするというのか・・・だったらすごすぎる。全然違うベクトルから何か発見するんだろうか。僕がその道の研究者だったら、その基礎を開発した人物に会ってみたいと思うのはかなり当然であり必然な気がします。その研究の様子も見てみたいと思うでしょう。それだけ尊敬している人物と事象であるってことでは。本人に「あなたが発明したタイムマシンで会いに来ました」って言ってみたい気もします(笑)言ったら開発されない可能性がもしかしたらあるので、自分は言いにいかないでしょうが・・・。

烏丸さん


・つまり、これが本当ならば、なにげに仕事していたり、学生だったりするひとの中にも未来人がいるのかも、ってことだよね。面白いな。どうやって見分けるんだろう。

匿名希望さん


・この未来人は、どうしてそんなに山中教授に会いたがっていたのでしょうか?いくら比較的帰るのは簡単だと言っても、何度もチャレンジするなんて、命がけなのでは?何がその未来人をそこまでさせたのでしょう・・・そのことのほうが私には不思議です。

seiraさん


・不思議ちゃんさんのお話をとても興味深く読ませていただきました。もしその未来人が探していたのが、今回の山中教授だとすると、未来人が会えたのかは勿論気になりますが、それ以上に私が気になるのは、山中教授は未来人に会ったのか!?です。タイムトンネルと言えばドラえもんがどうしても浮かびますが、やはり、今言う5次元にあるのでしょうか? 本当にタイムトラベルができると考えるのは、楽しいことです。それに、未来人が興味を持っていたという山中教授の発見は、素人には難しそうですが、ちょっと調べてみたくなりました。面白い話をありがとうございました。

ココノワールさん


・大変興味深いお話ですね、私は、山中教授と云う人は知りませんが、その、未来から来た人は、2038年位から来た人なのでしょうか。もしかしたら、有りですね。

未来人さん


・2007年に万能細胞の培養に成功した京大の山中教授。有名です。大発明です。

janさん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!