このできごとは1974年にアメリカで起こりました。

マイアミ空港に向かって飛行していたナショナル航空727便が管制塔に着陸許可を求めました。ナショナル航空とは、1934年から1980年まで運営されたアメリカの航空会社で、本部はマイアミ国際空港にありました。

航空管制官から非常時用の滑走路に着陸するよう指示が出たので、機長は驚きました。その滑走路は、ハイジャックや、航空機に問題が発生した時などのために使われるものなのです。しかも、航空管制官の声にはうろたえているような響きがありました。

機体は何の問題もなく着陸しました。そこに治安部隊が乗り込んできて、機長、乗務員、乗客の全員に、非常時用の手続きに従って飛行機から降りるよう指示を出しました。旅客機の周りには緊急時用の車や、消防車や、空港警察が待機していました。そのフライトはごく普通の定期便だったので、機長や乗務員は一体全体何事かと当惑するばかりでした。

しばらくして全員が落ち着いたところで、機長は何が起きたのかを説明するよう空港に要求しました。それに対して空港安全主任担当官はこう言いました。

「あなた方は10分に渡り消え失せ、行方不明になっていたのです。あなたの時計は何時になっていますか?」

機長が自分の腕時計に目をやり、「(午前)9時20分ですが」と答えたところ、担当官は腕を突き出して腕時計を見せました。それは9時30分を指していました。

その後の調査の結果、727便のクロノメーターが10分遅れていることが判明しました。それだけでなく、旅客機に乗っていた全員の時計が10分遅れていたのです。このできごとが起こる20分前に飛行機の中で時刻の定期点検が行われたのですが、その時点で時間の差は認められなかったといいます。

このできごとが起こった時、管制塔はこんな状況になっていました。

マイアミ空港の航空管制官がレーダー画面を見ていた時、突如として727便のブリップ(飛行機の位置を示す輝点)が消え去ったというのです。管制官は、飛行機が墜落したか、もしくは空中爆発したのだと結論づけました。その時点でレーダー画面は正常に機能しており、その他の航空機は何の問題もなく表示されていたのです。

727便はマイアミ西部の沼地に墜落したと判断され、直ちにヘリコプターや救助隊がそこに送られました。必死の捜索もむなしく、飛行機の残骸らしきものは見つかりませんでした。

次の瞬間、ほとんど魔法のように、727便のブリップが再びレーダー画面に現れました。その位置は10分前に消えた時と変わりありませんでした。捜索が行われた10分の間に、飛行機はかなり前方に移動したはずなのです。しかも、727便が消えたところを数機の飛行機が通過していました。

一方、727便に乗っていた人々は何の異変も体験しませんでした。誰も10分を失ったことに気づかなかったのです。その時の状況について、機長はこう述べています。

「空港に接近したので、着陸許可を求め、着陸した。ただそれだけです。管制塔との連絡が途切れることはありませんでした。」

要するに飛行機の中では何も変わったことは起こらなかったのです。にもかかわらず、727便は10分の間、存在しませんでした。ナショナル航空727便の謎は解明されることなく終わりました。

全米飲料水部門第一位!ナノクラスター水「ヴィボ」」

・飛行機と乗っていた人たちは、時間が存在しない領域だったんですね。たしかにその、領域は存在します。ゼロポイントにいれば、それは起きると思います。

ちひろさん(2015年2月19日)


・こういう不思議な現象は地上でも起きることはあるのでしょうか?

この飛行機が消えていた時間は10分でしたが、これがもっと長く、数時間、数日、数年、、、などということになったら大変ですよね

行方不明とされている方達の中に、もしかしたらこの現象にあっている人がいるかもしれない、、、などと考えてしまいました。

MMさん(2014年8月4日)


・24yearです。

私の体験と正反対の現象ですね!
しかし飛行機(大空)では雲(霧)は常に在ります。

私の言う あぜみちのタイムリープ では『霧?』と感じた瞬間に 畦道の始まりから畦道の終わり に移動していました!
この航空機の話は 10分間 霧(雲の中)の様な異次元に移動していた可能性を感じますね!!

MM さんも そう感じませんか?

24yearさん(2014年8月9日)


>異次元に移動していた可能性を感じますね

普通に飛んでいた飛行機がいきなり消え、しばらくして現れたと言うなら、この見えなくなっていたあいだ飛行機はどこか別の場所にいたのだ、瞬間移動だ、と思えば楽なんですよね。

でも消えていた方は

「空港に接近したので、着陸許可を求め、着陸した。ただそれだけです。管制塔との連絡が途切れることはありませんでした。」

何も変わったことはないと、、、、

いきなり別の場所にいた、連絡が取れなくなった、何か雲に取り囲まれ視界が悪くなった、ということはなかったと言ってるんですよね、地上からは10分も見えなくなっていたのに!この違いがとても面白いです。

消えていたのが確かなら、消えていた間、この飛行機がいた場所は時間も人も全てが止まってしまう??そんな空間だったのかもしれませんね

一時停止ボタンを押したように何もかも止まっていれば、人は何も気がつけない、時間も経過しない、、、、そんな不思議な別の世界があるのかも、そんな風に思いました。

24yearさんは以前、時計が逆回りし同じ番組を二度も見た、というコメントをお書きになった方ですよね?

私は不思議な話は大好きですが、時間の不思議は体験したことがありません。

24yearさんは小さい頃から変わった体験を何度もしていらっしゃるようですが、そういう出来事に会う何かコツのような物があるのでしょうか?また何か不思議な出来事があったり思い出したときは聞かせてください

MMさん(2014年8月13日)


・MMさん コメントありがとう♪

何度も同じ時間を過ごす同一人物 と考えは起こりませんか♪

あなたは 黙っていた時の私 と言う可能性を感じてなりません♪

まだ 半信半疑の私を思い出しますよ♪♪
(σ≧▽≦)σ

MMさんは回答を 控えてると思いますけどねぃ♪

24yearさん(2014年8月15日)


・地球の自転、太陽系の公転、銀河系の公転、etcの影響を受けずに、同一の地球上の地点に異なる時間で現れた、この事件が事実なら、時空連続帯は複雑に連携して動いているのかも知れないね。

大島さん(2014年8月1日)


・行方不明になったマレーシア航空の飛行機も同じように時空間の亀裂に入ってしまったのでしょうか?

マリーさん(2014年8月1日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!