これはアメリカの男性、ロンさんの体験談です。上の画像は、このお話に登場する1996年製のシボレー・カマロのものです。


2014年の1月、非常に当惑するできごとが起こりました。それは自分の正気を疑うようなことであり、私はいまだにこの件で頭を悩ませています。あれは1月上旬のことでした。自家用車を運転中、警察官に止められ、車検が切れているということで罰金を課せられました。私は直ちにこの件に対処し、車両登録を更新して、罰金を払いました。

2〜3日後、私は、しばらくごぶさたしている友達に会うために、外出する準備をしていました。友達も私もカリフォルニア州北部のストックトン市に住んでいます。その日は朝寝坊してしまったので、身支度に大わらわでした。いくつか電話をかけたあと、マンションから飛び出して、自分の車に向かって走っていきました。

私の車は1996年製の赤のシボレー・カマロです。いつも路上に駐車しているのですが、駐車してあるはずのところまで行ったら、車が見当たらないのです! 昨夜、私が駐車した場所には別の車がありました。それは白のカマロでした。私はあたりを探し回りました。「車を盗まれた」という恐怖感が私の胸をかすめました。

ところが、もう一度白のカマロを見たら、どこか見覚えがありました。信じられないことに、それは私の車だったのです! ナンバープレートの番号から、助手席のドアについたかすり傷、カップ・ホルダーに置かれた飲み残しのソーダ水に至るまで、正真正銘、私の車でした。一体どうなっているのでしょう!

私はドアを開け、乗り込んで、エンジンをかけました。確かに私の車です。何が起きたのでしょう? 私の車は赤色なのです。塗装の状態を注意して見たら、塗装してから時間が経っていることが見て取れました。屋根に酸化した部分があるのですが、それもそのまま残っていました。こんなはずありません。

すっかりビビった私は、友達に電話して事の次第を説明しようとしました。友達は電話に出ませんでした。私は誰かがいたずらをしているのだと思いました。そのいたずら者の周到ぶりに舌を巻かざるを得ませんでした。私は混乱していました。近くのガソリンスタンドまで車を走らせ、ガソリンを補給して、熱いコーヒーを買いました。目を覚ます必要があったのです。

また友達に電話したら、今度は出ました。私は「きっと信じないだろうけど」と前置きした上で、事の次第を洗いざらい伝えました。友達は私の話に耳を傾け、少しの間沈黙したあと、「君の車は白だと思っていたけど」と言ったのです!

私は大きなショックを受けました。私は友達に「いたずらに一枚噛んでいるのなら、そう言ってほしい。ちっとも面白くないから」と言いました。友達は「いたずらなんかじゃない。本当のことを言っているんだ」と言いました。私は、その車に乗ったことのある数人に電話しました。返ってきた答えはすべて同じでした。何人かは「冗談もほどほどにしろ。今、忙しいんだから」と言いました。

なぜこんなことになってしまったのでしょう? 車を購入してから約1年が経ちますが、この車を選んだ理由の一つは、赤色だったからです。私は近所の人からこの車を買ったのですが、その人は引っ越してしまったので、もはや連絡をとることはできませんでした。

その日の午後、友達の家にいた時、車の小物入れに書類が入っていることを思い出しました。それを取り出して目を通したら、車の色の欄に、係官は「白」と記していました! 誓って言います。私の車は赤色だったんです!

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・この人の体験談が仮に100%事実なら(思い込みでもなく、精神障害でもないとしたら)残された結論はパラレルワールドでしょう、やはり。赤の車がほしかったので買った体験者と異世界において、程度がよく価格も満足で白のカマロを買ったもう一人の体験者がいて、体験者の知り合いは白のカマロだと記憶しているとしたら・・・体験者が入れ変わったと考えるのが自然でしょう、この体験者は並行世界の違うストーリーを持った世界からこの世界にどう言うわけか知りませんが入れ変わったのでしょう。

SYOU SYUNさん(2015年8月12日)


・この話は面白いですね!!

ネットでウソの投稿も有る可能性は否定出来ませんが 私が今 リープを繰り返す(同じ時間をです(数年のスパンです))中で 興味が湧く内容です。

この話が事実談として考えるならば パラレルワールドの存在を感じますね!!
流石に リープを繰り返している立場の話としては 可笑しな話に見えるでしょうが リープを体験している!と思っている立場の私から考えると!!
『カマロが欲しい!赤色!!』で知り合いから赤色のカマロを購入したワールド♪
『カマロが欲しい!赤色!! でも 白色かぁ… 仕方ない…』と思い!知り合いから白色のカマロを購入したワールド!?!?
と 違うワールド(世界)を!知らずに行き来した!!
《*≧∀≦》?
可能性を感じます♪♪

やはり 時空 空間 霊界?何かの 不可思議(未知な世界)が 本当に存在している可能性を認めたいですね♪♪

何処かのサイトに《本来の存在は 食さずして 存在出来る》内容の文面を拝見しています。
要は 死後の世界=魂(本来の自分) では無かろうか?
(´・ω・`)?

と思いました! ってか その思いが抜けませんが!

24yearさん(2014年8月16日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!