コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→消えた5時間


これはアメリカの女性エブリンさんの体験談です。


1999年のクリスマスのことです。エブリンさんはご主人と一緒にニュージャージーのグラスボロにあるスーパーマーケットに買い物に出かけました。午後5時半、ふたりは24時間営業の「ショップライト」という名の店に到着し、買い物カートに食料品や雑貨を放り込んでいきました。ふたりは最後にアイスクリームを買いました。家に到着する前にアイスクリームが溶けないようにとの配慮からです。この間、ふたりの記憶が途切れることはありませんでした。でもエブリンさんが支払いのためにアイスクリームをカウンターに置いたところ、溶けたアイスクリームが流れ出てきたのです。

アイスクリームは取り替えられ、ふたりは帰宅の途につきました。店から家まではわずかな距離でした。外はとても寒かったので、ふたりは駐車場で二言三言ことばを交わしただけで、ぐずぐずせずにさっさと車に乗り込みました。家に到着したふたりは驚愕しました。時刻が11時をさしていたからです。買い物に要した時間はせいぜい一時間だったので、五時間が消失したことになります。

当惑したふたりは買い物の行程を初めから順に振り返り、できごとを追っていきました。腕時計や掛け時計の時間をすべて確認しました。それでも納得できなかったふたりは、わざわざ店まで赴いて、警備用のビデオテープを確認するよう店の人に頼みました。それでも異常なことは何も見つかりませんでした。ふたりは5時半に到着し、五時間後に店をあとにしたのです。手っ取り早く済むはずだった買い物が5時間もかかってしまったのです。

・この話だとアイスクリームが溶けたことで時間の消失と言うより、その間だけ記憶の消失が起こったように感じられますね。人間の記憶は短期記憶から長期記憶への変換が阻害されると記憶が消失することが起こりますのでそれが原因のような感じですね。- kuronosさん


・アイスクリームをカートに入れてからカウンターに置くまでの間に何かがあったんでしょうか。 誰にでもある日常の買い物途中の出来事だけに一層不思議に思います。それにしても一体何のためにこのような事が起こるのでしょう。 - e-hakoさん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!