1953年のことです。

ニュージーランドのウェリングトン市に住む H.F.ノースという名の男性がイギリス・ロンドンの警察にやってきました。応対した警官に対して、ノース氏は「自分がどのようにしてロンドンにやってきたのか分からない。とにかく家に帰りたいんです。これは決して作り話ではありません」と訴えました。

学校の教師であるノース氏は、ある朝、出勤するために自宅を出ました。彼が教鞭をとる学校は歩いて行けるところにありました。

ところが、次の瞬間、彼はロンドンの街中を歩いていました! 自分がどうやってそこにやってきたのか、皆目見当がつきませんでした。さらにショックだったのは、彼が4日を失っていたことでした。ある瞬間、ニュージーランドにいたのに、次の瞬間、4日後のロンドンにいたということです。

精神科医の診断の結果、ノース氏は、家を出てからロンドンの警察に姿を現すまでの間の記憶がまったくないことが明らかになりました。彼は文字通りウェリングトンで消滅し、ロンドンで肉体化したようなのです。

糖質オフなら【スーパー発芽大豆】

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!