これはあるアメリカ人女性の体験談です。


これは2年ほど前に起きたできごとです。

会社の女性の同僚が興奮した面持ちで出社してきて、妊娠したことをみんなに触れまわりました。でも私は心配の方が先に立ちました。というのも、彼女は1年ほど前に流産していたからなんです。

それで私は彼女のところに行って、「おめでとうございます。今回の妊娠について気がかりなことはありませんか?」と尋ねたんです。

「それはどういうことですか?」
「最初の子を亡くされたでしょ?」
「そんなことありません。妊娠するのはこれが初めてです。」
「でも1年ほど前、流産されたでしょ?」
「いいえ! 本当にこれが最初の妊娠です。」

私は訳が分からなくなり、すっかり困惑してしまいました。彼女が流産した時、私はお見舞いのカードを買ってきて、同僚に回し、慰めと激励の言葉を添えて署名してもらったことを確かに覚えているんです。

それなのに、彼女はそんなことはないと言い張るし、同僚は誰一人としてそのことを覚えていなかったんです。一体これはどういうことなのでしょう……?

小さいお子様にも使える⇒天然植物成分が主原料 ムダ毛対策ジェル!

・記憶にあるからといって相手が否定してるのにしつこく自分の意見を言うと、かなり失礼ですよね。夢とかで記憶がごちゃ混ぜになることもよくあるので、これは気をつけないといけないですね。(2014年12月12日)


・もしかして、パラレルワールドにいつの間にか移動してしまったのでしょうか?

陽介さん(2014年12月8日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!