これはアメリカ・ネブラスカ州にお住まいの女性・メリンダさんの体験談です。


2〜3年前のことです。私は台所でテレビを見ながら夕食の支度をしていました。

そうしたら、ニュース番組に知り合いの女性が登場したのです。彼女は義理の兄弟のお母さんでした。彼女の家で火事が起きたことは明らかでした。消防士や警察官が現場にいて、彼女に話をしていました。火事を消すことはできたのですが、家がかなりの損傷を受けたと話していました。

2〜3日後、思いがけなく彼女に出くわしたので、火事のことについて尋ねてみました。

「え? それはどういうこと?」
「ニュースであなたを見ましたよ。お宅が火事になったでしょ?」
「火事など起きていないわよ。」
「でも私は確かに見たんです。あなたはインタビューを受けていました。お宅は燃えていました。」
「いいえ、それは私ではありません。」
「おかしいわねー。あなたがインタビューに答えているのを確かに聞いたのですが。」
「何かの間違いでしょ。」

……というわけで、訳も分からないまま会話はそこで終わりました。ところが、不思議なことに、それから2〜3日後に彼女の家で本当に火事が起きたのです!

一点一点オーダーメイドの護符作成

■これと似た話:不可解なニュース速報

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!