コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→UFOはタイムマシン?


このお話はイギリス女性、イディス・セイジさんの体験談です。


1980年の8月4日、ある晴れた暑い午後のことでした。

三人の子供の母親であるイディスさんはエンドウ豆を買うために近所の店に向かって歩いていました。その日の買い物はすでにすませたのですが、エンドウ豆だけ買うことを忘れてしまったのです。

午後4時50分、彼女が小道を歩いていると、驚くべき光景が目に飛び込んできました。空で煙の輪のようなものがグルグル回っていたのです。輪の端からは火花のようなものが飛び散っていました。

その煙の背後から未来的なヘリコプターが姿を現し始めました。それは基本的に透明の巨大な球状操縦室で、軍隊のカモフラージュのような緑と茶の模様が描かれていました。

操縦室にはジャンプスーツを着た二人の人間が乗り込んでいました。二人とも普通の人で、特に変わった点は見られませんでした。セイジさんは歩きながら、その光景を見つめていました。その時、すべての音が弱まったような感じがしたといいます。まるで何かの内部にいるような感じでした。

道の端に立てられた柵の周りには不可解なもやのようなものが漂っていました。奇妙な匂いがしたので、彼女はフラフラしてきました。

その次に起こったできごとが事実だという確証はありません。まるで夢を見ているような感じでした。それは特殊なエネルギー場によって起こった幻聴だったのかもしれません。ともかく、彼女は頭の中でヘリコプターの中にいる二人の男の会話を聞いたのです。

「大丈夫だと言ったじゃないか」と一人の男が言いました。
「わかってるって」ともう一人の男が言いました。「大丈夫だよ。彼女は僕たちが軍隊だと思っている。」

どうやらセイジさんはたまたま、ある種の実験に出くわしてしまい、彼女の存在が危険と見なされたようです。

彼女はボーっとした状態で、ヘリコプターを横目に見ながら店に入り、エンドウ豆を買って、店主と世間話をしたあと、何事もなかったかのようにその日の活動を続けました。時が経過するうちに彼女はこのできごとをすっかり忘れてしまいました。

それから数週間にわたり、イディスさんは不眠症になりました。さらに彼女は、例の店に向かう小道でありえない変化が起こったことに気づきました。それはちょっとした変化でした。たとえば、階段の幅が狭くなっていたり、今までなかった小道ができていたり、煙の輪が現れたところに突然、木が出現していたり、といったような変化でした。それらのできごとが引き金となって、彼女はヘリコプターのことを思い出したのです。

・宇宙人はいません 理由=見たことないからです

未来人さん(2013年12月22日)


・未来人さん

見た事がないからいない、というのは、、、、理由になってないと思います。

平安時代の日本人は、欧米人、青い目の白人を見たことがなかった、でも遥か遠くのヨーロッパにはいました。

大昔のヨーロッパの人は黒い白鳥などいるわけないと決め付けていました、しかし、大航海時代を迎え、オーストラリアで黒い白鳥を見つけ大騒ぎになりました。

昔よりは技術が進歩したかもしれませんが、今だに人間は地球以外で暮らせません。現代人はまだまだ無知な生き物だと思います。

私には宇宙人がいるかどうかはわかりません、見たこともないし、周りにも見たという人はいません。

しかし、自分や周りの人が知らない見たことない、聞いたことないからといって、いないと言うのは間違いです。

それに、宇宙人を見たことがある人がいても、こんなことを言ったら笑われるかもと思い黙っている人もいるかもしれませんし、、、、

MMさん(2014年3月31日)


・UFO接近体験しましたよ あれは・・異星人? 現在57歳 当時22歳 今も トラウマのごとく頭から離れません 当時 3人いましてそのうち1人が意識を支配されてしまいました 定期的に不思議発光物体を目撃するようになりました

momokuroさん(2013年7月6日)


・これはこの当時どこかの軍が瞬間移動の実験をしていたのか、未来から来たのか、宇宙人なのか、、セイジさんが家に無事帰れてよかったです。

MMさん(2012年11月4日)


・私もこのサイトへ来て、皆さん言わないだけで結構体験されている方が多いのではないかと思う様になりました。私でも30歳位までは絶対有り得ない様な体験が結構あったので、何かカラクリがありますよね。

ーーさん


・ーーさん? その体験を語る場なのですから大いに言ってください。

FBIさん


・変化、異変を思い出させるように、時にこういうことは起きますね。異変と自覚させるまで起きます。だから町の様子も変ったし、不思議なのは、彼女に声が聞こえたこと。それは聞こえるように相手がしたのか、彼女がその時、危機感から特殊能力を発揮したのか。


私はこういうこと、結構大勢に起きていると思いますよ。この世ってそういう場所なんじゃないですか。

匿名希望さん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか?お話を聞かせてください!