コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→時間の裂け目に入った男


このお話はアメリカ人男性、ジョニーさんの体験談です。


このお話は2007年の7月25日に起こりました。私は41歳の実業家です。どこにでもいるような普通の男で、特にSFや超常現象に興味があるわけではありません。

この日、私はテキサス州のスティーヴンヴィル市から、オースティン郊外にある自宅に向かってドライブしました。

午後3時半にスティーヴンヴィル市に到着しました。最近亡くなった義理の母が老人ホームに遺した品を引き取るためにやってきたのです。

私はここに来たついでに、友人の父親が住んでいる牧場に立ち寄ることにしました。私は友人と狩猟をするため、この牧場を何度か訪れたことがあります。その際、車を運転したのはいつも友人だったので、牧場までの道順を覚えていませんでした。そこで私は友人に電話を入れ、「君のお父さんの様子を見るために牧場に立ち寄るつもりだ」と告げました(友人の父親は最近ガンで奥さんを亡くされたのです)。友人は私の心遣いに感謝し、牧場までの道順を教えてくれました。

友人の父親は私を歓迎してくれました。私たちは彼の車で牧場を見学することになりました。彼は牧場を売ることを決意したので、感傷的になっていたのです。たぶん話し相手が欲しかったのでしょう。私たちはウォッカをひっかけてから出かけました。

そのころまでに時計は5時半を回っていたと思います。私は30分ほど滞在してから家に帰るつもりでした。牧場から自宅までは休憩なしでも車で2時間半の道のりです。

私たちは牧場を見学してから小屋で一休みし、その後また見学を再開しました。そのあいだ、何度も暇(いとま)を告げようとしたのですが、つい機会を逃していました。

帰宅が遅くなるので、家内が怒ることは必至でした。私は家を出る前、7時ごろまでに帰ると妻に告げたのです。すでにあたりは暗くなっていたので、この分だと家に帰り着くのは午後9時ごろになりそうでした。でも、会話がなかなか途切れなかったので、帰りたくても帰れなかったのです。

やっとのことで私は牧場をあとにすることになりました。そのころまでに日はとっぷりと暮れ、時刻は午後10時半になっていました。牧場にいた数時間のあいだに酒を二、三杯飲んだのですが、その三倍は飲んだような気分でした。私は酒がかなり強いほうで、これほど酔ったことはかつてありませんでした。飲酒運転がよくないことはわかっていたのですが、翌日は早朝から重要な会議が控えていたので、どうしても帰る必要があったのです。

牧場から出た私は、運転しながら、すぐ妻に電話しました。彼女は私の帰りが遅くなるのみならず、それまで私が電話を入れなかったので、イライラしていました。もっともなことです。私は「あとで話をするから」と言って、そそくさと電話を切りました。その時点で覚えていることはそれだけです。

その後、私はテキサス州のランパサスにやってきました。その町は私がいた場所から車で一時間ほどのところにあります。そのときは気にならなかったのですが、あとで考えたら、牧場からランパサスまでの曲がりくねった道を運転した記憶が一切ありません。

私は車を停め、タコベルで腹ごしらえすることにしました。そのとき「店が開いていればいいのだが」と思ったことを覚えています。牧場を発ったのは午後10時半だったので、そのときの時刻は少なくとも午後11時半ごろだったはずです。なぜか私は時計を見て時刻を確認する気になりませんでした。私はタコベルでたらふく食べたあと、トラックに戻り、運転を再開しました。

それから1時間半ほど経った時、私は道を間違えてしまったことに気づきました。問題は私が183号線を走っていたことでした。家に帰るためには281号線を走っていなければならなかったのです。そのとき私は奇妙な状態にあったので、曲がる道を間違え、我が家までの道のりから一時間もはずれた場所を走っていたのでした。見覚えのあるロータリー道路に出たので、私はそこで車を返し、オースティンの西部にある我が家に向かって車を走らせました。

途中で車を停め、コーヒーを買いました。それに加え、警察官に停められました。なぜなら、ブレーキライトが点いていなかったからです。幸い、私はしらふのようにふるまい、罰金を払わされずに済みました。その警官は本当にいい人だったのです。普通の酔っ払いだったら思い切りパニクっていたのでしょうが、彼の前で私はとても落ち着いた気分になれました。彼は私に注意を促しただけで済ませてくれました。これで30分は無駄になりました。それだけでなく、違う高速道路に入ったので、一時間が無駄になったはずです。

最終的に私は我が家に帰りつきました。家の中に入ったところ、息子と彼の友達が映画を見ていました。私は二人と一緒に座って一休みした後、パソコンのある部屋に向かいました。メールを二、三通送らなければならなかったからです。そのとき私は、息子たちがその時間帯に映画を見ているのはおかしいと感じたことを覚えています。食事した時間や、警官に停められお説教された時間、そしてコーヒーやトイレ休憩に費やした時間を考えると、そのときの時刻は少なくとも午前1時半から2時だったはずです。不可解なことに、またしても私はそのとき時刻を確認する気になりませんでした。それは極めて私らしくないことなのです。

ここまでだったら、飲みすぎたのに交通事故に遭うこともなく自宅に帰り着いたラッキーな男の話ということでかたづいてしまいますよね。でも、どうしてもふっきれないことがあるのです。それは私が飲酒運転をするような男ではないということです。私は眠気を感じただけで運転を控えるタイプなんです。二番目の問題点は、あの日私は酔っ払うほど飲まなかったことです。しかも私はこれまでの生涯を通じて、気を失ったことが一切ありません。それなのに、二時間半にわたるドライブの行程をほとんど思い出すことができませんでした。

ここから話は奇妙になっていきます。友人(牧場主の息子)によると、私はその夜、10時半ごろ彼に電話を入れ、「今から牧場を発つ」と言ったそうなのです。私は友人に父親の状況を報告し、電話を切ったといいます。別の友人によると、私は同じころ彼に電話し、ふざけたメッセージを留守電に残したそうです。

パソコンの「送付済み」メールを確認したところ、その夜、私は午前12時32分と12時48分にメールを送ったことになっていました。これらのメールを送る前、私は少なくとも20分ほど息子たちと一緒に座っていました。ということは、少なくとも四時間かかったはずのドライブを、わずか二時間で終えたことになります! たとえあの夜、休憩なしで道順を間違えずに走ったとしても、二時間半かかる道のりだったのに……。

携帯の記録を調べたら、その夜、友達二人に電話した記録は残っていませんでした。しかし、妻に四回電話を入れた記録が残っていました。でも私は妻に一回しか電話しなかったのです。なぜなら、妻が怒っていたので、電話したくなかったのです。そのことをハッキリと覚えています。

いまだにわからないのは、「なぜ少量の酒を飲んだだけであれほどできあがってしまったのだろう」ということです。

二時間半はどこに消えてしまったのでしょう?

あの優しい警官は誰だったのでしょう? なぜ彼は書面の警告を私に渡さなかったのでしょう(テキサスではそうするのが習慣なのです)?

私はどうやって二人の友人に電話したのでしょう(電話代の請求書には記録が残っていないのに)?

最後に、クレジットカードの明細によると、私はタコベルで27日(二日後)に食事したことになっていました。明細には、取引がおこなわれた日と、取引が「記録」された日の両方が載っています。取引が記録されるのは翌日になるのが普通です。しかしながら、私がランパサスで食事をした日は27日になっており、支払いが記録されたのも27日になっていました。

私はこの現象を説明することができません。奇妙な時間の裂け目に入ったとしか思えません(しかも二度入った可能性があります)。そうでなかったら、何らかの力が私を無事に自宅まで送り届けてくれたのでしょう。本当に不思議です!

ところで、あの日私が「いけない」ふるまいに及んだにもかかわらず、妻は依然として私を愛しています。

・2chのまとめサイトから来ました。このお話の周辺をドライブ旅行したことがあります。知ってる地名なので距離感が分かる私には、とっても不思議なのがよく理解できます。・・・私は無事に帰宅できてよかったです。(笑)このあたりはテキサスといっても乾燥してなくて、高原と川と湖のある風光明美な場所です。

よしこさん(2013年7月11日)


・この人の出来事がはじまった場所、ステイーブンビルは、ユーチューブで検索すると、大勢がUFOを目撃した場所ですよね。CNNでも大騒ぎしていたし。他局もね。それも最近のことだから、2007年か、2008年か、2006年か。そのあたりですよ。

いろいろさん


・複雑すぎて何が起こったかわかりませんでした。

time travelerさん


・同感です。

ピヨさん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!