アーサー王は、5世紀後半から6世紀初めのブリトン人の伝説的な君主です。しかし、アーサーが本当に実在したかについては現在も歴史家が議論を続けています。

アーサー王の生涯を記した『アーサー王物語』には、エクスカリバーと名付けられた剣が登場します。

アーサーが15歳の時、カンタベリー大聖堂の前に不思議な石が現れます。その石には剣が深く刺さっており、「この剣を抜いた者はブリテンの正当な王である」と記してありました。何人もの人が試しましたが、誰もこの剣を抜くことはできません。そんな中、アーサーはやすやすとその剣を抜き取り、ブリテンの正当な王として認められました。

別のバージョンでは、アーサーは湖の精からエクスカリバーを授けられたとされています。

国王だけが抜き取ることのできる剣、湖の精から剣が与えられる……これらの話はあまりにも現実離れしています。一般にアーサー王物語として知られるものはそのほとんどが民間伝承や創作によるものであるとされています。

ところが、その説に疑問を投げかけるような不思議なできごとが1952年にイギリスで起きました。この話は1969年にイギリスの地方紙で報道されたものです。

サマセット(イングランド南西部の地域)に在住のスウェイン一家は、ハンプシャー(イングランド南岸にある区域)のニューフォレストというところに休暇旅行に出かけました。

ニューフォレストは、1079年、ノルマン朝の始祖であるウィリアム1世が、鹿狩りなどを行う狩猟地として設けた地域です。現在に至るまで自然が残されており、2005年に国立公園に指定されました。

さて、スウェイン一家は、旅行中に湖に出くわしました。湖岸から50メートルほど離れたところに大岩があり、そこに剣が埋め込まれていました。一家はそれがアーサー王に敬意を表するための記念碑だと推測しました。

彼らはすっかりその光景に魅了されたので、もう一度湖を見たい一心で、200回以上(!)もその場所を再訪したといいます。

しかし、一家はその湖を二度と見つけることができませんでした。

スウェイン一家はアーサー王ゆかりの地に時空移動したのでしょうか? エクスカリバーの剣は実在したのでしょうか? 答えは永遠に謎のままです。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!