このお話はアメリカ人男性ビルさんの体験談です。

30分以上かかる距離を一瞬で移動!

1962年の7月、私はカンザス州のサリナ市で不思議な体験をしました。A地点からB地点まで極めて短時間で移動したのです。

それはとても暑い夏の日のことでした。私はガールフレンド(今、彼女は43歳で、私の妻になっています)に電話し、徒歩で彼女の家に行くと伝えました。彼女は「今日は暑すぎるから無理しないで」と言ったのですが、私は大丈夫だと答えました。30分から45分で到着するだろうと判断しました。

私は玄関から外に出ました。次の瞬間、なんと私は彼女の家の前に立っていたのです! ドアをノックしたら、彼女が応対に出ました。彼女は私がいたずらをしたと信じて疑いませんでした。なぜなら、電話を切ったあと、すぐに居間を横切り、ドアを開けたらそこに私が立っていたからです。彼女は隣人に電話しました。なぜなら私が隣人の家から電話したと思ったからです。

でも私は彼女の隣人を一人も知らないし、当時は携帯もありませんでした。このような体験をしたのはこれが初めてで最後のことです。この話を証明する手立てはありませんが、私にとっては真実の体験なのです。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

・この世はビデオゲーム!? 「シミュレーション仮説」で考えると、納得できる。

松本さん(2018年2月2日)


・外に出て歩く事もせずに直接ドアからドアというのは強烈ですね!でもこの方の話は信じられます。


・高校時代にK先輩から聞いた話。

K先輩が同級生の友達に電話。その友達がK先輩の家に遊びに来ることになった。じゃあ待ってるぞ、と電話を置いた瞬間!ピンポーンとチャイムが鳴り、玄関の前に、電話で話していた友達が立っていた・・・。その友達とK先輩の家は、自転車で10分の距離とのこと。

25年前の話。携帯電話なんて存在しない時代です。話を聞いたときは「ふ〜ん」としか思わなかったが、このサイトを読んでいて懐かしのK先輩を思い出しました。 - 番場番号さん


・まるでドラエモンのどこでもドアみたいですね。 - ドラゴンズさん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!