これはあるアメリカの女性の体験談です。

昔住んでいたアパートの前を通りかかった少女は何を見たのか?

私は、生まれてから4歳ごろまで、市内の小さなアパートに住んでいました。その後、私たち一家は郊外の一軒家に引っ越しました。

私が10歳か11歳になった時、両親は離婚しました。私たち子供は父親に引き取られ、市内に戻ることになりました。私たちは、かつて住んでいたアパートの近くに居を定めました。

二年ほど前のことです。父は妹を歯科医に連れていかなければならなかったので、私は4歳の弟の面倒を見るよう父から頼まれました。

その日は天気がよかったので、弟を近くの公園に連れていくことにしました。公園に通じる道の途中に、かつて私たちが住んでいたアパートがあります。そのアパートの前を通りかかった時、建物が古いような印象を受けました。

その時、赤ちゃんを抱いた若い女性がアパートから出てきました。強烈な既視感が私を直撃しました。その女性は当時20歳だった私の母親だったのです! 母は赤ちゃん(私)を抱いて、駐車場に向かって歩いていきました。

時間の経過がとても遅くなり、すべてが凍結したように感じられました。その時、弟が話しかけてきたので、私は現実の世界に引き戻されました。

ちなみに、そのアパートは老朽化したので、私たちが引っ越したあと建て直されたのです。だから建物が古く見えたというわけです。

あの日、何が起きたのか、私はいまだに答えを知りません。

合わせて読みたい

私に会った私

通りがかりに出会った男性は……この話を読む

冷え対策サイト

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!