これはあるアメリカ人男性の体験談です。

映画を見るためにとっておいた、なけなしのお金が……

僕の母は不思議体験をしたことがあります。それは僕が生まれる数年前のことでした。

ある日、母は友達と連れ立って映画を見ることにしていました。母はこの日のために10ドル(約1,100円)をとってあったので、お金をなくすことをひどく心配していました。それで、映画館に向かって車を走らせる間、何度もポケットに手を入れ、お金があるかどうかを確かめました。

映画館に着き、友達と合流しました。そして切符を買うためにポケットに手を入れたら……お金がなくなっていたのです! 駐車場から映画館に歩いてくる途中でお金を落としたのだろうと思い、足跡をたどってみたのですが、やはりお金は見つかりませんでした。結局、友達が切符を買ってくれたようです。

ところが、帰宅したら、お金は化粧台の上に置いてあったのです! それは映画を見るためのなけなしのお金だったので、うっかり他のことに使ってしまわないよう、たたまれ、ペーパークリップ(紙挟み)でとめてありました。

ここであなたはこんな疑問を感じているかもしれませんね。「他のお金を持参し、それを落としたのだろう」と。そんなわけではありません。なぜなら、他のお金などなかったからです。その日は給料日の前だったので、10ドル札は母が持っていた全財産だったのです。

言うまでもなく、僕はこのできごとを実際に見たわけではありません。でも、母は僕にウソをついたことがないし、作り話をでっちあげるような人でもありません。なので、このできごとは本当に起きたのだと信じています。

洗顔後のオールインワン ムーンナイトミルク

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!