これはあるアメリカ・テキサス州・エルパソ市に在住の男性・リチャードさんの体験談です。

人里離れた山の中を歩いていたら、なぜかそこに階段が……

最近、私は「原野・山火事消防士」の資格を取ったので、ニューメキシコ州北部の森林地帯で行われた研修会・訓練に参加しました。

大自然の中でキャンプを張り、夜の帳(とばり)が下りるころ、私たち参加者は怪談噺に花を咲かせました。

そんな中、参加者の一人であるパークレンジャー(公園管理官)が奇妙な話を始めました。彼の言うことには、仕事仲間と山の中を歩いていたら、忽然(こつぜん)と階段が現れたというのです。それは家庭で見かけるような普通の階段でしたが、とても高く、上まで伸びていました。

何度かその階段を見かけたので、ある日、彼は好奇心に駆られ、上ってみることにしました。初めのうちは鳥のさえずりや、木の葉などのサラサラいう音が聞こえていたのですが、上に行くにつれて音が聞こえなくなったといいます。てっぺんに至ったのですが、そこには何もなかったので、引き返しました。

地上に戻った時、そこは大騒ぎになっていました。というのも、彼はおよそ20分の間、上に行ったまま下りてこなかったからです。でも、彼にしてみれば、ほんの数分しか経っていませんでした。

このような階段がアメリカ中の山の中にあるといいます。彼はその階段が一種のポータル(出入り口)ではないかと言っています。その階段を通って、猿人(未確認の毛深い怪物)などが私たちの世界にやってくるのではないかと推測しています。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!