これはあるアメリカ人女性の体験談です。

プラットホームでひときわ目立つ美しい女性。どうして彼女が……?

最近、私は宅の子供二人をつれて、サンフランシスコに一週間の観光旅行に出かけました。

街中を移動するのには、もっぱらUber(ウーバー:タクシーが必要なときはスマホのアプリを開いて地図をタップすれば、近くにいる契約ドライバーが駆け付けてくれる)を利用したのですが、ある日、地下鉄を利用することにしました。というのも、私が住んでいる町には地下鉄がないので、子供たちが珍しがって喜ぶだろうと思ったのです。

プラットホームに行ったら、5人の人が乗降地点で列を作って列車の到着を待っていました。その中の一人の女性は、肉体労働者の中に混じって、際立っていました。彼女は美しく、洗練された雰囲気を漂わせていました。長めの白の上着を羽織り、上品なアクセサリーを身に着けた彼女は、年齢が40歳くらいで、目は青く、髪を赤色に染めていました。他の人たちはみんな携帯を使っていたのですが、彼女だけは遠くを見つめていました。

それから数分の間に他の乗客たちがぞろぞろとやってきました。その人たちは彼女を通り過ぎ、勝手にでたらめな列を作り始めました。彼女はそのことにムッとしたようで、不満げな表情を見せるようになりました。

やがて列車が到着したのですが、どの車両も満員でした。車内で立つ場所を見つけるだけのために、他の乗客を押したり、曲がりくねって進んだりしなければなりませんでした。自分の場所を確保し、落ち着いたところで、あの女性が乗れたかどうかを確かめるために車外に目をやったら、彼女は諦めたような表情を浮かべながら、プラットホームに立っていました。彼女の顔の真ん前で扉が閉まり、列車は動き出しました。彼女は「信じられない」と言いたげな面持ちで、去りゆく列車を見つめていました。

次の駅に到着し、多数の乗客が降りたので、ホッと一息つくことができました。そこに新しい乗客が入ってきました。最初に乗車したのは、あの白衣の女性でした。

シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!