映画『幻影師アイゼンハイム』は、2006年に公開されたアメリカ映画です(日本では2008年5月24日に公開)。

ニール・バーガー監督の本作は、大掛かりな奇術が一世を風靡する19世紀末のウィーンで、幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)が仕掛ける一世一代のトリックを描いたサスペンスミステリーです。

北米では2006年8月18日に51館のみで公開でしたが、口コミで評判を集めて1438館まで拡大公開されました。第79回アカデミー賞では撮影賞にノミネートされました。

この映画『幻影師アイゼンハイム』に関する不思議な実話をご紹介します。これはあるイギリス人女性の体験談です。

あなたはこの謎を解明できるか?

これは2006年に私の母が体験したできごとです。

母は女友達と一緒に、公開されたばかりの映画『幻影師アイゼンハイム』を観にいくことにしました。その友達のご主人に、一緒に映画を観に行きたいかどうか尋ねたら、ご主人は「二、三日前にテレビでその映画を観たから、行かない」と答えたそうです。

母と友達は「そんなはずはない」とご主人に説明しました。この作品は映画館で公開されたばかりなので、テレビで放映するわけがない、と説明したのです。でも、ご主人は「確かに観た」と言い張りました。

母は「その映画を紹介する番組を見ただけなのでは?」とか「別の映画と混同しているのでは?」と尋ねたのですが、ご主人は「その映画を最後まで観たので、もう一度観る必要はない」と言い張りました。

そこで母と友達は、ご主人を家に残して、二人で映画館に出かけました。

帰宅してから、二人は映画のストーリーを話すよう、ご主人に頼みました。二人とも彼が映画を観たことを依然として信じていなかったのです。

ところが、ご主人はストーリーを初めから最後まで詳しく語ってのけました。最後のどんでん返しまで知っていたそうです! 彼は確かにその映画を観たのです!

なお、このご夫婦は有料のケーブル・衛星放送を利用していないので、テレビで見られるのは無料チャンネルのみです。映画チャンネルで最新の映画を観ることはできません。

幻影師 アイゼンハイム [DVD]

合わせて読みたい

未来の映画を見た男

映画が劇場で公開される二年前にテレビでその映画を観た!……この話を読む

「金運」「健康」「恋愛」「美容」でビックリ現象、続出!!

・未知との遭遇を70年代、父が家にいる日にテレビで見た記憶が有ります。74年前後。私は最近のウィキが時期をずらしてわざとやってると思います。

未知との遭遇さん(2016年5月15日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!