トルコに向かう長距離バスに乗っていた青年が体験した不可解なできごととは……?

これは僕が20代初めの時に体験したできごとです。

僕はトルコに留学するために長距離バスに乗っていました。なぜ飛行機ではなくバスにしたかというと、運賃が安いし、荷物制限がなかったからです。

国境線を超えてから、尿意を催したので、運転手のところまで足を運びました。次の休憩までにどのくらい時間がかかるかを尋ねたかったのです。運転手が「ものの数分で停車します」と言ったので、僕はホッとしました。

バスはショッピングセンターの前で停まりました。かなり夜更けだったにもかかわらず、ショッピングセンターは開いていました。そこに向かって歩を進めている時、近くを歩いている男たちが「ここで売っているタバコは安いから買った方がいいよ」と話しているのを耳にしました。

ショッピングセンターの建物に足を踏み入れたら、そこにはいくつかの店が入っていましたが、深夜だったので、どの店も閉まっていました。

さっき男たちがタバコの話をしていたので、「24時間営業のタバコ屋でもあるのかな?」という疑問がふと心をよぎったのですが、特に気に留めることはありませんでした。とにかく用を足すことが最優先事項だったのです。WCのサインを探しながら通路をさまよい歩いているうちに、やっとのことでトイレを見つけました。

ここから話は奇妙になっていきます。トイレの入り口には男が立っていて、トイレの使用料を請求していました。彼の話す言葉を理解できなかったので、ポケットの内布を引っ張り出し、お金を持っていないことを示して、ちびりそうになっていることを身振りで訴えました。そうしたら男は「しょうがないな。じゃあ、入ってもいいよ」というような表情を見せたので、トイレに駆け込みました。

用を足したあと、トイレから出たら、先ほどタバコの話をしていた男たちがトイレにやってきました。全員が料金を払い、トイレに入りました。

僕はショッピングセンターの外に出て、葉巻に火をつけました。次の瞬間、信じられないことが起きました!

バスに乗り、運転手のそばに立っている自分がいたのです! 運転手はさっきと同じように「ものの数分で停車します」と言いました。僕は冷や水を浴びせられたようなショックを受けました。でも、どうにか気を静め、事の成り行きを見守ることにしました。

バスは先ほどと同じショッピングセンターの前で停まりました。そこに向かって歩いている時、男たちがタバコの話をしているのを耳にしました。

ついさっき用を足したばかりなのに、なぜか僕はまたおしっこをする衝動に駆られていました。今回はトイレがどこにあるのかを分かっていたので、そこに向かってまっすぐ歩いていきました。

トイレの入り口には先ほどの男が立っていました。でも今回、彼は微笑みを浮かべていました。男はトルコ語で何か言い、料金を請求することなく、入ってもいいということを身振りで示しました。

用を足したあと、鏡を見て、瞳孔に変化がないかどうかを確認しました。一連のできごとがちっとも意味をなさなかったので、知らないうちに麻薬を飲まされたのではないかと思ったのです。僕は正気を取り戻すために、顔を洗い、頬をたたき、皮膚をつねりました。

トイレを出たら、先ほど見かけた男たちがトイレに入ろうとしているところでした。前回とまったく同じ展開です。

ショッピングセンターから外に出た僕は、また葉巻に火をつけることにしました。しかし、今回は過去に戻ることはありませんでした。葉巻を吸い終えた僕はバスに乗り、茫然自失の状態で旅を続けました。

一体あれは何だったのでしょう? 今日に至るまで、納得のいく説明を見つけることができません。以前デジャヴ(既視感)を体験したことはありますが、これほど大規模な既視体験をしたことはかつてありません。

とりわけ不可解なのは、トイレの入り口に立っていた男です。彼は時間がリピートしたことを分かっているようでした。それに、僕がお金を持っていないことも分かっていました。だから料金を請求しなかったのです。彼はすべてを分かっていたのです……。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!