街中に突然見慣れない通りが出現! そこに足を踏み入れたら……

僕はニューヨーク市のマンハッタン南端部に住んでいるのですが、このあたりには奇妙な話が言い伝えられています。時おり街中に裏通り・脇道が出現し、そこに足を踏み入れると、異次元に出るというのです。

僕の住む街ではお隣さん同士がこの話に花を咲かせ、子供はその裏通りを探しに出かけます。でも、僕の知る限り、今までそんな体験をした人はいません。

ある夜、午後10時半ごろのことです。僕は親友と連れ立ってスナック菓子を買うために外出しました。

数ブロック(街区・丁)先のデリカテッセン(サンドイッチや持ち帰り用の西洋風惣菜を売る飲食店)でポテトチップス、ディップ(ポテトチップスやクラッカーなどにつけるクリーム状の味つけソース)、キャンディーなどを買いました。

店を出たら、そのデリカテッセンの隣に脇道があることに気づきました。でも、店に入る時点で、その脇道はありませんでした。友達にそのことを指摘したら、友達は「ついに秘密の裏通りが見つかったな」と冗談を言いました。

僕たちはそこに足を踏み込みました。秘密の裏通りには奇妙なものがあると言い伝えられています。それで、あたりをキョロキョロ見回してみたのですが、特に変わったものは見あたりませんでした。その通りはL字型になっていたので、左折したら、行き止まりになっていました。

僕たちはがっかりして、表通りに向かって歩いていきました。この裏通りは以前見かけたことがなかったのですが、単に今まで気づかなかっただけなのだろうと結論づけました。

表通りに出た僕たちは大きなショックを受けました。そこはまったく違う場所だったのです! ただ、そこは依然としてニューヨークの街中のように見えました。それで僕たちは必死に道路標識を探しました。

道路標識が見つかったので、現在位置を確かめたら、デリカテッセンから35ブロック(約2.8キロメートル)も離れたところにいることが分かりました!

その後、特に変わったことは起きなかったのですが、それでも僕たちは大いにビビりました。というのも、出発地点から約3キロメートルも離れたところに行ってしまったからです。二人とも麻薬や酒の影響を一切受けていなかったので、幻覚を見たわけでは決してありません。

今日に至るまで、この現象を説明することができません。

続出ビックリ現象の詳細を表示しますか?→はい

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!