コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→霧の中のタイムスリップ


このお話はカナダ人男性のジーンさんの体験談です。


このできごとは2006年の秋に起こりました。私はカナダのニューファウンドランド州にある小さな町に住んでいます。ごくありふれた町ですが、その夜に起こったことは、私が体験した中で最も奇妙なできごとの一つです。

その夜、私は友達と連れ立って、別の友人の家を訪ねました。訪問を終えた私たちは自宅に向かって車を走らせていました。時刻は1時半を回っていました。夜空には星が輝き、暖かくて、快適な夜でした。

私たちは長さが1キロメートル足らずの田舎道を走っていました。この道に入ってから30秒くらいで曲がり角にさしかかります。そこを曲がったら、突然あたりに霧が立ち込めたのです。それは驚くにあたりません。なぜなら私が住んでいるところは頻繁に霧が出るからです。それで私たちは特にそのことを気にとめませんでした。

この曲がり角あたりから、道は丘に向かって坂になります。ところがどういうわけか、丘の頂上まで行くのに妙に時間がかかるような気がしたのです。そのとき私たちは時速70キロで車を走らせていたのだから、なおさらです。いただきに至ったら、また曲がり角があり、道は再び平らになります。私たちは何とかてっぺんまでたどり着き、道を曲がろうとしました。そのとき驚くべきことが起こりました。霧が消え、一瞬にして私たちは丘のふもとまで戻ってしまったのです!

そのとき私たちの頭を占めていたのは「いったい何が起こったんだ?」という疑問だけでした。この道を端から端まで走破するのにかかる時間はせいぜい5分程度です。私たちは腕時計を見ながら、なぜ15分の時が経ってしまったのか、そしてなぜ前の地点に戻ってきてしまったのか、首をかしげていました。そのときの気持ちは忘れたくても忘れられません。友達と私はお互いの顔を見合わせながら考えあぐねていました。

私は他にも不思議な体験をしましたが、これほど驚愕した体験は他にはありません。あのとき私たちの身に何が起こったのか、15分はどこに消えてしまったのか、そして私たちはどのようにして丘のふもとまで戻ったのか、ぜひとも答えが知りたいです。

・以前或る体験者さんも私が思ったのと同様に、原因の1つとして「UFO連れ去り?」とご自分のweb上で書いていましたが、霧が出るのも光が出るのも、もしかしたら連れ去り?! - さん


・この記事を読んで思い出したことは、昔よく狐や狸に化かされて一晩中同じ所をぐるぐる歩き回っていたという話です。私も子供の頃に母の在所で、似た話を誰かに聞いた記憶があります。もっとも、これは脳内の錯覚によるものと説明されていますが、真相はやはり謎です。 - ドラゴンズさん


・これはワームホールと呼ばれるものでタイムスリップとは違います。西伊豆の○号線をある時間帯に通るとミステリーサークルと共に何度でも体験できるものと同じです。 - FBIさん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!