1995年4月19日にアメリカ合衆国オクラホマ州の州都オクラホマシティで爆破テロ事件「オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件」が発生した。

現地時間午前9時2分、9階建の連邦政府ビルの正面玄関前に駐車していた、大量の爆発物を積んだトラックが爆発した。爆発の威力はマグニチュード3.0にも達したとされる。これにより、連邦ビルは全体のおよそ80%が破壊された。

このテロ事件では子供19人を含む168人が死亡、800人以上が負傷した。2001年の9・11テロが発生するまでは、アメリカ国内で最悪のテロ被害をもたらした事件であった。

その後、主犯のティモシー・マクベイには死刑判決が下され、2001年6月11日に薬物による死刑が執行された。

これはアメリカ・オクラホマ州に在住の女性・ディーさんの体験談です。

爆破事件が起きた日、なぜか時間が……

私の夫は爆破事件が起きたところから数ブロック(街区)離れたビルで働いています。夫も私もキビキビ行動することに誇りを持っています。

爆破事件が起きた日に、夫は重要な会議に出席することになっていました。私は子供を学校に送り出すために毎朝早起きしなければならないので、夫が会社に遅れないよう起こすことを習慣にしています。

その日の朝は普段と何ら変わったことがないように思えました。時計を見て、予定通りに進んでいることを確認し、もう一度時計に目をやったら……一瞬のうちに20分が経過していたのです! これでは約束の時間に間に合いません!

混乱した私は大慌てで夫を起こし、時間内に目的地に着くよう急き立てました。

夫は爆破が起きた直後に目的地に到着しました。夫がいつも使っている駐車場に停められた車は、すべて焼け焦げ、メチャメチャになっていました。爆発の威力がものすごかったので、夫の事務所の窓は吹き飛び、机はひっくり返っていました。

私たちはオクラホマシティの繁華街から30分ほど離れたところに住んでいます。爆発の威力は私たちの家にまで及び、家全体を揺すぶりました。

なぜ私の夫が命を取り留め、他の人は亡くなったり怪我を負ったりしたのか、その訳は分かりません。当日、私の体調はよかったし、メガネをかけていたので時間を間違えたということもありません。

あの日、私たちは時間を失うことで災いを免れました。一人ひとりが異なる運命を持っているのかもしれませんね。

開運の護符作成 かなえや

・不思議な事例です、タイムスリップだろうと思います。20分この家族が未来にタイムスリップしたために爆破を免れた・・・と言う事なんでしょう。

SYUNさん(2016年7月3日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!