これはアメリカに在住の女性・シエラさんの体験談です。

夜中に目覚めたら、寝室に昔のドレスを着た仲良しの友達が!

これは私が9歳の時に体験したできごとなのですが、あまりにもショックを受けたので、細部に至るまでハッキリと覚えています。

ある夜、私は自分のベッドで眠りについていました。真夜中(午前1時か2時ごろでしょうか)にふと目を覚まし、少し体を起こしました。

寝室の扉に目をやったら、扉は開いており、その前に二人の友達が手をつなぎ、ニコニコ笑いながら立っていました。

女友達は時代もののドレスを着ており、彼女の弟はスーツを着ていました。二人がそんな変わった服を着ているのをついぞ見たことはありません。しかも二人は幽霊のように白っぽく、半透明でした。

私は子供だったので怖くなり、ベッドから飛び出て両親の寝室に向かって走っていきました。二人が出口の前に立っていたので、私は二人の間に割って入り、肩を両側に押しました。その時、本当に体を押したような手ごたえを感じました。

私は夢を見たのだろうと思い、このできごとを自分の胸の内にしまっておくことにました。


私がこの体験談を友達に打ち明けたのは、それから9年後、18歳の時でした。なぜ私がその期に及んで話をしたかというと、友達がこんな話をしたからです。「9歳の時、とても鮮明な夢を見たの。夢の中で弟と一緒にあなたの部屋を訪ねたのよ」と。私は驚き、こう友達に尋ねました。

「その時、昔のドレスを着ていなかった? ビクトリア時代のドレスみたいな?」
「ええ。それは私の伯母さんからもらったものなの。伯母さんは教会の聖餐式(イエス・キリストの最後の晩餐に由来するキリスト教の儀式)に参加する時、そのドレスを着たらしいの。そのドレスを着た私の写真があるかもしれない。」

友達の部屋には高い戸棚がありました。彼女は脚立を取り出し、それに上って、戸棚の上方部の奥にしまってある箱を取り出しました。その箱の中には宝石・指輪などの小間物や、思い出の品が入っていました。

友達はその中から一枚の写真を取り出しました。それは伯母さんからもらったドレスを着た友達の写真でした。驚いたことに、そのドレスは9年前の夜に友達が私の寝室に出現した時に着ていたものでした。

私はこのできごとを説明することができません。でも、非常に変わったできごとだったので、今でも昨日のことのように覚えています。

友達も彼女の弟も、今日に至るまで元気で変わりありません。そして私たちはいまだにつきあっています。このできごとが起きたのは、私たちが大の仲良しだったからかもしれません。それに子供は大人よりもこの種のできごとに心を開いていますからね。

HANAオーガニックトライアルセット

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!